「海外なら売ってるのに…」海外のバイク用品通販サイトで購入する方法

日本に売ってない海外製バイク用品を買いたい!海外ブランドのバイク用品が国内販売で正規販売されていたとしても、関税などで割高になっている場合もあります。そこで多くの商品数を誇り、安く購入できる海外のバイク用品通販サイトと利用のやり方をご紹介します。

 

日本になかったら海外から個人輸入

バイクのカスタムパーツやウェアなどを海外メーカーで購入すると、国内メーカーよりも高額になりがち。しかも、欲しいものがあっても日本には輸入販売されていないこともあるため、こうなると海外サイトから直接購入するしかありません

 

海外の大手バイク用品通販サイトでは日本語に対応しているところも増えており、海外から個人輸入を仲介していれるサービスもあるため、英語での取引をせずに海外から直接輸入してもらうことも可能です。

また日本よりも安く購入できるから商品も多数あるため、海外の通販サイトは無視できません。

 

日本語対応している海外バイク用品通販サイト

海外に拠点を置く通販サイトの中で、モタードイン(motardINN)FC-moto(FC-モト)は日本語サイトを用意しています。

 

motardINN(モタードイン)

モタードインはスペインに拠点を置く通販サイトで、バイク用品だけでなくスポーツウェアやアウトドアウェアなどレジャー用品を中心に取り扱っており、200ヵ国以上の発送に対応しています。

ダイネーゼやアルパインスターといったMotoGPライダー御用達の高級バイクウェアが、日本で購入するより3~4割安く購入でき、高額な買い物であれば送料無料になることもあるため、日本のユーザーが増えてきています。

FC-Moto(FCモト)

FCモトはドイツに拠点を置く通販サイト。モタードインと同じく、アウトドア用品やスポーツウェアも取り扱っており、バイク用のウェアやカスタムパーツは日本で購入するより半額近く値引きされている商品を見つけることもできます。

日本では正規輸入されていないマニアックな商品も売られているため、サイト内を見ているだけでも楽しめます。

個人輸入を仲介してくれるユーロネットダイレクト

ユーロネットダイレクトはヨーロッパブランドのバイク用品・パーツの個人輸入を仲介してくれるサイトです。

日本の通販サイトでは取り扱わないメーカーの商品を購入でき、欧州メーカーのほとんどが購入可能。また、決済方法はカード支払いだけでなく、銀行振込も設定されているところは非常にうれしいところ。

取引画面はもちろん日本語になっており、アマゾンや楽天のような感覚で操作できるため、全く難しくありません。

Euro Net Direct

公式サイト

 

まとめ

海外通販サイトを利用する際の注意点として、配送時間がかかることやウェアであれば日本とのサイズ感が異なることがあります。

また海外から取り寄せるヘルメットやプロテクター、レーシングスーツなどは、日本のMFJ規格に対応してないため、レース出場の際にレギュレーションを満たさない場合があることにも気を付けなければなりません。

 

それでも海外サイトから購入すれば、関税や配送料が掛かっても日本で購入できるより安く購入できるものが多数あります。

特に、ツーリングや街乗りに使用するライディングジャケットやグローブを海外ブランドで選ぶのであれば、海外通販サイトのほうが品ぞろえが多く、セール期間中での値引き率が大きいため、タイミングを見計らって海外通販サイトから購入すれば、よりかしこい買い物ができます。

池田勇生

池田勇生

バイク・クルマ・モータースポーツをさまざまな視点で執筆活動をしているフリーライター。特に80~90年代の旧車や2ストロークバイクが得意です。