ミドルクラスのアドベンチャー!BMW「F750GS」は日本人にピッタリだった

世界的なアドベンチャーバイクブームの頂点に位置するマシンといえば、その仕掛け人にして元祖であるBMW「R1250GS」でしょう。その弟分的な存在ともいえるのが「F750GS」です。筆者もアドベンチャー乗りとして以前から気になる一台でした。

今回試乗してみたところ、コンパクトにまとまった車体が日本人にピッタリ!ととっても好印象。各部を解説しながらその魅力をご紹介します。

 

オンロード主体のアドベンチャーバイク

アドベンチャーバイクは大きく分けてオンロード主体とオフロード主体のマシンに区別されますが、F750GSは前者にあたるマシンです。

名前こそ「750」ですが、実はオフ主体のF850GSと兄弟車両で共通の「853cc並列2気筒エンジン」を搭載。出力やトルクの味付け、タイヤをはじめとしたパーツチョイスでオンロード向けのパッケージになっています。

しかしGSを名乗っているだけあって、未舗装路での走行も視野に入れており、フラットダート程度なら十分走破できる実力を秘めています。

 

もはや上級モデル並みの充実の装備

BMWのアドベンチャーモデル中では中級に当たるF750GSですが、フラッグシップとほぼ引けを取らない装備になっています。前後ブレーキはブレンボ製のキャリパーを使っており、フロントはダブルディスクを採用しています。もちろんABSが付き!

また、タイヤの空転を防ぐトラクションコントロールと、雨天時のスムーズな走行を助けるライディングモードも搭載しているので、雨の日でも安心です。

 

チェンジペダルにはクイックシフターを標準装備。ダウンだけでなくアップにも対応しているので、走り出しちゃえばもうクラッチレバーを握る必要がありません。スコスコ入るギアも気持ちいい!

 

アドベンチャーモデルらしく、しっかりとした作りのリアキャリアーを標準装備。ストック状態でもかなりの積載力を誇りますが、もちろんオプションでサイドケースを追加することもできます。

 


オプションとはなりますが、ライディングの好みを反映できる電子制御サスペンション「ESA」と視認性の良い「フル液晶ディスプレイ」も用意。ここまでくると上級モデルのR1250GSとほぼ変わりない装備です。

 

日本人の体格に合った抜群の足つき!

F750GSの標準シート高は815mmですが、これは受注生産の「ベースモデル」の数値であって、実際は国内販売のほとんどが「スタンダートモデル」の770mmまで落とされています。

海外製アドベンチャーバイクを選ぶ際、大きな不安の一つはやっぱり「足つき」ですけれど、このマシンに関しては日本人にもフレンドリーです。身長173cmの筆者の場合、両足の膝を若干曲げていられるほど。160cm台のバイカーでも不安なく乗れることでしょう。

そのためか、BMWのモデルラインアップの中で特に女性バイカーから人気を集めているのがこのモデルなんです。

 

タイヤの設置感がとにかく素晴らしい

BMWのGSシリーズの特徴は、まるで地面に張り付いているかのようなタイヤの設置感ですが、F750GSでもその傾向は顕著です!しっかりとしたグリップを体感できるから、安心してアクセルを開けられるし、カーブで倒し込めるし、ブレーキも落ち着いてかけることができるといいことづくめ。

例えばコーナリングではバンクした角度をピタッと維持して曲がってくれるので、自分の想定よりもスピードがでがちな下りカーブでも全く恐怖感を感じることがありません。

 

抜群のタイヤの設置感と路面追従性の良さは、エンジンや重量物を極力中央に寄せた「車両の低重心化」による賜物で、さすがどんな道でも走れるBMWのGSシリーズだと感心するポイントです。

今回は短時間の試乗なのでダート走行を試すことはできませんでしたが、安定した走りが容易に想像できます。

 

日本人にベストマッチの1台!

丁度良いエンジンパワー、大き過ぎない車体、抜群の足つき……ここまで日本人にマッチした車両、しかもアドベンチャーバイクはなかなか出会えないと思います。週末荷物満載でキャンプツーリングに行く、そんな使い方にぴったりの1台です。

BMWモトラッド

公式サイト

さすライダー

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。