まだ肌寒い日もある!6月のトップスはこんなスタイルがオススメ

6月になると、夏のような暑さを感じる日もあれば、梅雨で雨となって肌寒いと感じる日もあります。

特に、バイクに乗っていると余計に寒さを感じることがありますよね。

寒暖の差があると、体調を崩すこともあるのでファッションも考えなければなりませんが、どのようなスタイルがオススメなのでしょうか?

ここでは、暑さをしのぎつつ、寒い時にも対応できるトップスを紹介します。

 

トレーナーを腕まくりして快適に過ごす!

このスタイルでは、薄手のトレーナーをメインとして腕まくりして着用しています。

トレーナーはスウェット素材でできており、保温性が高いのですが、流石に厚みがあると厚いので薄手のものをチョイスしているのがこのコーディネートのポイントです。

 

スポーティーさもアピールできますし、観光に出かけるにも最適なアイテムと言えます。

ボトムスには濃い目のインディゴカラーが特徴的なデニムパンツを履いていますが、若干スリムできれいなフォルムを演出しています。

シューズにはホワイトが眩しいスニーカーを履くことで、歩きやすさもキープしていますね。

トレーナーとしては、シンプルにグレーのものがおすすめできますが、その中でもこのポロ・ラルフローレンのアイテムがおすすめです。

シンプルでありながらも胸に独特なロゴを入れたり、リブがしっかりしているので腕まくりするにも最適です。

上品な印象があるので、カジュアルシーンだけでなく他のスタイルにも着回し可能な点も魅力的ですね。

 

俄然注目を集めるミリタリーテイストのトップス!

ここ数シーズン、俄然注目を集めているのがミリタリーテイストのアイテムです。

特にトップスとして取り入れることが多く、その中でもMA-1人気は絶大なものがあります。

このコーディネートでは、若干薄手のMA-1を着ていますが、きちっとジップを締めて着用しているのが印象的です。

 

また、胸のワッペンが良いアクセントとなっていて、カジュアルなスタイルを楽しんでいる印象があります。

ボトムスにはデニムパンツを履いてロールアップし、そこにホワイトのスニーカーとソックスを合わせていてスッキリした印象をアピールしています。

ベースボールキャップを腰に取り付けているのもかっこいいです!

 

MA-1としては、コチラのような薄手のアイテムが特におすすめです。

ポケットの数こそ少ないですが、収納力があるのでちょっとした小物を入れておくこともできます。

さらっと羽織るスタイルも良いですし、バイカースタイルできちっとジップを締めてもスリムなフォルムとなって渋みを増すことができます。

非常に軽いので持ち歩いても良いでしょう。

 

デニムジャケットでトレンドを取り入れる!

ミリタリースタイル同様に、デニムアイテムもここ数シーズンのトレンドアイテムとして君臨しています。

特に、トップスとしての人気が絶大で、昔ながらのデニムジャケットがおしゃれでかっこいいです。

このコーディネートでは、上下同じスタイルのデニムを着ていますが、ジャケットもパンツもロールアップして裏地を見せているのが印象的です。

 

これによって、全身がダークトーンになるのを防止していると同時に、暑さしのぎできています。

ブーツにボーダー柄のソックスを履いていて、カジュアルさも引き立てていますね。

 

こちらは、GIVENCHYのデニムジャケットですが、GIVENCHYらしいラグジュアリー感があるものに仕上がっています。

胸元が適度に色落ちさせているなど、デニムジャケットの良い点を凝縮したハイセンスなジャケットとして取り入れたいですね。

 

まとめ

普段生活しているのと、バイクに乗っているのでは体感上で気温差が発生するのは事実です。

また、山へのツーリングをしていると、なおさら寒さを考慮したトップス選びが重要です。

ここで紹介したアイテムを取り入れて、快適なツーリングを楽しみましょう!

参考-Pinterest, Amazon