フリマで売ってる原付は買っても安全?失敗しない方法を解説してみた

バイクは昔と違ってオートバイディーラーや専門店から購入しなくても、インターネットやアプリの発展によって気軽に個人からも購入できるようになりました。

しかしアプリやオークションサイトで販売されているバイクはディーラーとは違い「どこか心配」という懸念点が湧きがちで、なかなか手が出せない人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回の記事ではバイクの中でも特に取引数が多い原付をネットで購入する安全性と、購入後の手続きについて解説していきます。

 

フリマサイトなどで売っている原付は安全なの?

オークション

原付といっても精密な機械と機構でできた車両ですので、実際に運転をしていても安全なのかどうかが気になるところです。

結論から申し上げるとアプリなどで原付を購入する場合、安全性に欠ける場合があるといえます。

アプリなどで原付を購入する場合は直接対面するオートバイディーラーとは違い、売主と直接会うことがほとんどありませんので、対面しない取引に不安を覚えることも少なくありません。

 

ディーラーのように対面ですとその場であなたの気になる点や疑問点をすぐ聞くことができますが、アプリやオークションサイトですと意思疎通が難しく「回答まで時間がかかるし聞かなくてもいいか」と考え、そのまま購入してしまいがちです。

 

そのため場合によってはアプリなどで購入した原付が動かないなどのトラブルにあう恐れもあるのですが、意思疎通をしっかりする点以外にも以下のポイントをおさえておくことで安全性の高い原付にめぐり合える可能性が高くなります

 

失敗しないためには実績をチェックする

実績

アプリなどで原付を売っている相手も生身の人間ですから、使用しているアプリなどでどのような実績や売主としての経歴を持っているのかチェックします。

基本的に一般人が原付をフリマなどで販売する場合は、原付の販売実績はほとんどないことが多いのですが、もし違う製品や商品をアプリで売っていた実績があるのであればチェックするとよいでしょう。

 

近年のアプリでは売主と買主、双方が取引を評価する機能が備えられていますので今までの取引した経歴の評価を見てみて、取引に真摯に対応したか販売していた商品の説明に偽りや申告していない点はないかなどチェックします。

 

取引に真摯に対応している人であれば買主から悪い評価をされることはなく信頼してもよいでしょう。

ただし中には根拠のない誹謗中傷を目的とした評価もありますから、中立的な立場から信頼できる内容なのかを判断する必要がありますので注意が必要です。

 

可能ならば見学させてもらう

見学とチェック

フリマなどで原付を購入する場合、近所のオートバイディーラーにないバイクや原付も検討できるのがよい点ですが、売主があなたの住んでいるエリアから遠くにいることが大半です。

 

そのため検討している原付の売主が近所のエリアにいなければ仕方ないですが、もし近所のエリアに住んでいて見学が可能であればぜひ一度検討している原付の実物を見せてもらうといいでしょう。

 

フリマなどで掲載する原付の情報や状態などは写真や文章だけでは到底書ききれないことが多く、実物を見てしまった方が確実に原付の情報を確認できます。

原付をフリマなどに掲載している人の中には写真を撮ったり文章を書くのが苦手な人もいらっしゃり情報量が極端に少ない人もいますので自分でチェックして納得できたのであれば購入を検討してもよいでしょう。

 

原付を買ったらなにをしなければいけない?

チェックリスト

検討している原付があなたの納得できるものであったならば取引を開始してもよいでしょう。

しかし売主が個人の場合、原付を購入したあといくつか手続きをしなければいけませんので忘れずに対処しなければなりません。

 

名義変更

書類を書く

まず原付は軽車両ですので原付の所有者情報などを変更する「名義変更手続き」をする必要があります。

この名義変更手続きをしておかないと、売主が万が一「原付は売ってない。俺のものだ!」なんて言い出しても名義変更をしていないと、あなたが原付の所有者であることを主張できなくなります。

 

このようなトリッキーなことをいう人はほぼいませんが、トラブルにあわないためにも名義変更手続きはしっかりとしておきましょう。

 

名義変更をする場合は売主から譲渡証明書標識交付証明書を渡してもらい、お住まいの役所に出向いて廃車手続き登録手続きをおこなってください。

詳細はお住まいのエリアによって多少手続き方法が変わりますので、詳細はお住まいの役所へお尋ねください。

 

自賠責保険への加入

保険の契約書

原付はなんでも言いますが道路を走行する軽車両ですので強制保険である自賠責保険に加入しなくてはいけません。

もし購入した原付の自賠責保険がすでに保険切れの場合であれば自分で保険会社を選んで自賠責保険の手続きをしていくことになりますが、自賠責保険の期間がまだ生きていれば自賠責保険の名義変更手続きをします。

 

名義変更手続きは書類などを記入する必要があるので若干面倒ですが、手続きが面倒であれば原付の自賠責保険であればお近くのコンビニで申し込みができますので新規申し込みをしてしまうのもひとつの手です。

 

コンビニで申し込んでもその場で自賠責保険の標章(ステッカー)やしおりはもらえますので、ディーラーで原付を購入した際に入る自賠責保険となんら変わりはありませんのでご安心ください。

 

自賠責保険の期間も12ヶ月から60ヶ月まで12ヶ月単位で選択できますのでお好みに合わせて申し込んで大丈夫です。

 

まとめ

いかがでしたか?

フリマなどで購入するバイクはディーラーで購入するものよりも安く販売されていることがよくあるので、お手頃に購入できるのがメリットです。

しかし取引がなれていなかったり、適当に対応している売主から購入すると安全ではない原付を購入してしまうおそれがあるので注意が必要です。

原付は近距離から中長距離まで移動手段として大変便利な乗り物ですので、素敵な原付にめぐり合えるといいですね。

 

参考-写真AC