最強にお得!? ツーリングプランとGoToを両方使ってお得バイク旅

「GoToトラベル?ツーリングプラン?名前は聞いたことある。お得らしいってことは知ってるけど、よく分からないから使ってないな」そう感じて利用を尻込みしている方も多いかと思います。でもそれじゃもったいない!少し勉強してでも使っておくべきメリットが両者には詰まっています!

その最大割引率はなんと実質50%。それほどの恩恵を受けられれば、いつものツーリングにお得感をプラスしてさらに楽しい旅にできますね。金銭的にも精神的にもワンランク贅沢な旅を目指せますよ。

 

バイカーは今がチャンス、お得に活用!

非常にお得な旅行ができる「GoToトラベル」と「ツーリングプラン」。でも条件がさまざまあるので、整理して覚えておかないと少々混乱します。併用するときの注意点もあるので、しっかり理解しておきたいところです。

 

申請は超カンタン「GoToトラベル」

GoToトラベルはコロナの影響から観光業を救う目的で国が実施している事業です。旅行代金の最大50%相当(宿泊費35%・地域共通クーポン15%)の割引を受けられます。例えば2万円のホテルに1泊したら「宿泊費7,000円+地域共通クーポン3,000円」で実質1万円の割引を受けられるということです。割引上限が2万円(宿泊費1万4,000円・地域共通クーポン6,000円)なことに注意してくださいね。

 

使い方もカンタン。旅行会社で旅行プランやホテルを申し込むと自動的に宿泊費35%割引が適応され、地域共通クーポン15%はホテルで受け取ります。旅行会社を仲介せず直接ホテルに電話で申し込んでも、事後申請で割引を受けられます。

ただし個人で手配した交通手段に割引は効かないので注意してください!「事前予約したホテルに高速道路で行って宿泊する」という旅程では、ホテル代のみの割引です。

 

高速道路乗り放題な「ツーリングプラン」

ツーリングプランは、ツーリング需要を増やして観光業を活性化させる目的でNEXCOや阪神高速が毎年実施している事業です。ETC搭載のバイクを対象に、対象エリアの高速道路が2〜3日間、定額で乗り降り自由になります。

2020年は特殊なケースということもあり、下記のように2種類のツーリングプランが販売されていて、少々ややこしいです。

 

  • 宿泊なしプラン:GoToトラベル対象外
  • 宿泊ありプラン:GoToトラベル対象(STAYNAVIでホテルを予約した方のみ)

 

同じツーリングプランでも、宿泊無しだったら「通常のツーリングプラン」の料金がかかります。宿泊ありだったら「ホテル代+ツーリングプラン代の最大50%割引」の料金で旅行できます。

 

高速道路でスタンプを押すのを忘れない!

宿泊代金とツーリングプランの割引自体は、申し込み時に適応されます。しかし、地域共通クーポンはホテルで受け取るものなので「ツーリングプランでホテルまで来ましたよ」という証明が必要。その証明が「高速道路のSA / PAにあるスタンプ」です。

まとめると、GoToトラベルとツーリングプランを併用し最大限に恩恵を受けるなら以下の手順を踏むことになります。

 

  1. STAYNAVIでツーリングプラン対象のホテルを予約
  2. STAYNAVIで表示されたクーポン番号を控える
  3. 道路公団で、先ほど控えたクーポン番号を入力してツーリングプランを申し込む(ここで宿泊費とツーリングプランの35%割引は受けられる)
  4. 発行されたクーポンを印刷する
  5. 高速道路のSA / PAにあるスタンプをクーポンの右下に押印する
  6. ホテルで押印されたクーポンを提示し、地域共通クーポンを受け取る(ここで地域共通クーポンの実質15%割引が受けられる)

 

1〜4は旅行までにやること、5と6は旅行当日にやることですね。整理して覚えればそう難しくありません。ぜひ最大限に恩恵を受けてお得な旅をしましょう。

 

GoToトラベルとツーリングプランが併用できない4つのケース

ここで注意点。以下の4つのケースではGoToトラベルとツーリングプランが併用できません。

 

  1. 「(宿泊予約総額+ツーリングプラン)÷(宿泊人数×泊数)」が4万円を越えるとき
  2. 予約したホテルが、申し込んだツーリングプランのエリアから大きく外れているとき
  3. ホテルの宿泊日とツーリングプランの日程が重なっていないとき
  4. ホテルや道路公団のGoToトラベルの予算が尽きたとき

 

例を出しつつ説明していきます。

 

「(宿泊予約総額+ツーリングプラン)÷(宿泊人数×泊数)」が4万円を越えるとき

(ホテル代2万円+ツーリングプラン8,000円)÷(宿泊人数2人×2泊)=7,000円:利用可能

(ホテル代7万円+ツーリングプラン2万円)÷(宿泊人数2人×1泊)=4万5,000円:利用不可

 

予約したホテルが、申し込んだツーリングプランのエリアから大きく外れているとき

NEXCO西日本・NEXCO中日本・NEXCO東日本・阪神高速のそれぞれが管理しているエリアですね。

つまり「関東(NEXCO東日本)のツーリングプランを利用して遊び、そのまま愛知(NEXCO中日本)のホテルまで行って泊まる」では割引が適応されないということです

 

ホテルの宿泊日とツーリングプランの日程が重なっていないとき

例えばホテルに10/1~2に宿泊しているのに10/3のツーリングプランを申し込んでいるといった場合。日程が合っていないので併用の割引が受けられません。

 

ホテルや道路公団のGoToトラベルの予算が尽きたとき

無い袖は振れないですからね。念のため、申し込みの前に道路公団やホテルからのお知らせをチェックしておくのが無難です。

 

2万円以上のお得!実際のモデルプランで割引額を計算

情報を理解したところで、具体的にどれだけお得になるのか気になりますね。実際のモデルプランとともに見ていきましょう。2万円のホテルに2日泊まり、東北周遊のツーリングプラン5,100円、二泊三日で高速道路を600km走行します。

なお、条件を簡単にするために高速料金はNEXCO中日本より「(150円+24.6円×距離)×1.1」円から軽自動車割引30%を引いた金額とします。

 

  • 通常料金(割引なし):ホテル4万円+高速道路1万437円=5万437円
  • 割引料金(併用):ホテル2万6,000円+ツーリングプラン3,315円=3万315円(+6,765円の地域共通クーポン)

 

GoToもツーリングプランも全く利用しないケースと比較したら、現金で2万122円と地域共通クーポンで6,765円も割引を受けられます。これは使わない手はない…!

 

お得に賢くツーリングできるのは今だけかも?

ツーリングプランは毎年利用できますが、GoToトラベルは一時的なもの。これほどお得に旅できる機会は今後そうそうないかも。感染症予防をしっかり行いつつ、賢くツーリングしちゃいましょう!

GoTo トラベル事務局

公式サイト

STAY NAVI

公式サイト

じゃこ

じゃこ

元バイクメーカー勤務で現職エンジニアのバックパッカーです。国内外の旅行先でツーリングするのが好き。最低限の仕事をしながら旅していた世捨て人。