どうしたスズキ!?「カタナ」後継車続報と大注目の「GSX-R1000R BUILDBASE」を発表!

つい先日、スズキが近日開催のインターモトで「カタナ」後継車を発表するとお伝えしました。

 

遂にキタ~!スズキ「カタナ」の後継車がインターモトで発表されるぞ!

この記事執筆時点でティザー動画が二本公開されていまして、その車両をイメージさせるモノとして、なんと……

 

ご覧のような日本刀が登場していたことをお伝えしました。そして車両は10月2日に発表されると……それはインターモトの開幕日なんですよ。

 

世界的ブームのネオレトロ!スズキ「SV650X」は何処がいい?

これは、待てど暮らせど発表されず、期待がしぼむ一方だった「SV650X」とは大違いの入魂の一台に違いありませんよね?

 

「カタナ」後継車ティザー動画の第3弾が公開!

そんなこんなで喜んでいたのですが、続いてティザー動画の第3弾が公開されました。そのキャプチャーがコチラ!

コレは「カタナ」と断言できまっす!

 

せっかくなので、動画もどうぞ!

 

入魂のニューモデルは事前に発表!

そして!インターモト前なのに発表されたのが、コチラの「GSX-R1000R BUILDBASE」。限定50台のみが生産される特別な「GSX-R1000R」です。

お好きな方は一目でわかると思いますが、イギリス・スーパーバイク選手権を走った「GSX-R1000R Buildbase」のレプリカモデルになります。ヨシムラ製パーツと純正アクセサリーがてんこ盛りされているのが特徴です。

ダブルバブルスクリーン、ブレーキ&クラッチレバーとそのプロテクター、クラッチ&オルタネーターカバー・プロテクター、タンクパッド、前後アクスルスライダー、チェーンアジャスターセットなどなどが純正アクセサリーであり、パドックスタンドやガレージマットなどが含まれています。

 

スズキは大丈夫なのか!?

いかがでしたでしょうか?今回は速報的に、スズキ入魂のニューモデル情報をお届けしてみました。

それにしても……ここのところ唯我独尊に陰りが見えていたスズキですが、注目のモデルを2台も一挙に投入するとは……大丈夫なんでしょうか?それにしても早く実車を見たいですね。

面白い情報が入りましたら、続報としてお届けしましょう!

 

 

参考-スズキ(UK)、YouTube; Intermot 2018 Teaser – Phase Three
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。