ヒッソリしかし続々と……スズキ「GSX-S」シリーズの2018年カラーが登場したぞ!

魅力的なモデルでありながら、その年間目標販売台数が、あまりにも謙虚だったスズキ「GSX-R125」。

 

販売目標が謙虚すぎる!クラス唯一のスーパースポーツ、スズキ「GSX-R125」に注目すべし!

クラス唯一のスーパースポーツ・モデルということで、魅力的だと感じた方も多かったのではないでしょうか?

 

世界的ブームのネオレトロ!スズキ「SV650X」は何処がいい?

また世界的にブームとなっているネオレトロのジャンルにニューモデル「SV650X」を投入。地道に積極的な2018年のスズキでございます。

そんな同社が、看板モデル「GSX-R」のスピリットを受け継ぐネイキッドモデル「GSX-S」シリーズの2018年モデルを、ヒッソリと、しかし続々と投入していますので、ここでは全カラーの画像をバッチリ公開しちゃいましょう!

 

「GSX-S1000 ABS」の2018年カラー

さて、今さらながらですが今回ご紹介する「GSX-S」シリーズとは、スズキが誇るスーパースポーツモデル「GSX-R」シリーズをベースにしたネイキッドモデルのこと。

例えば、この「GSX-1000S ABS」には、「GSX-R1000」のエンジンとコンポーネントが継承されており、最先端のテクノロジーが投入されています。

 

さて2018年は、ご覧の(スズキらしからぬ)”パールグレッシャーホワイト / グラススパークルブラック(AGT)”のほか……

 

この”マットブラックメタリックNo.2(YKV)”。それに……

 

コチラはスズキらしさ全開といった趣の”グラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL)”という3色展開となります。

車両本体価格(消費税込み)は113万1,840円です。

 

「GSX-S1000 ABS」2018年モデルのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,115×795×1,080mm
  • 軸間距離:1,460mm
  • シート高:810mm
  • 車両重量:209kg
  • エンジン:水冷4ストローク直列4気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:998cc
  • 内径×行程:73.4×59.0mm
  • 圧縮比:12.2
  • 最高出力:109kW〈148PS〉 / 10,000rpm
  • 最大トルク:107N・m〈10.9kgf・m〉 / 9,500rpm

 

「GSX-S1000F ABS」の2018年カラー

続いては「GSX-S1000F ABS」。基本構成は「GSX-S1000 ABS」と同じですが、低くシャープな形状のノーズ部分と前傾したサイドパネルで構成されたフェアリングを装備しています。

その2018年カラーには、ご覧の”グラススパークルブラック / キャンディダーリングレッド(AV4)”のほか……

 

“グラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL)”と……

 

“グラススパークルブラック(YVB)”の3色設定。

車両本体価格(消費税込み)は118万5,840円です。

 

「GSX-S1000F ABS」2018年モデルのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,115×795×1,180mm
  • 軸間距離:1,460mm
  • シート高:810mm
  • 車両重量:214kg
  • エンジン:水冷4ストローク直列4気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:998cc
  • 内径×行程:73.4×59.0mm
  • 圧縮比:12.2
  • 最高出力:109kW〈148PS〉 / 10,000rpm
  • 最大トルク:107N・m〈10.9kgf・m〉 / 9,500rpm

 

「GSX-S750 ABS」の2018年カラー

そして最後にご紹介するのは、「GSX-S1000 ABS」の弟さんに該当する「GSX-S750 ABS」。そのコンセプトは兄貴分と同じでして、「GSX-R750」のエンジンを継承し最先端のテクノロジーが投入されたストリートモデルとなります。

今回発表された2018年ラインアップには、ご覧の”マットブラックメタリックNo.2(YKV)”のほかは……

 

“グラススパークルブラック / トリトンブルーメタリック(KEL)”と……

 

“グラススパークルブラック / キャンディダーリングレッド(AV4)”という3色設定。

車両本体価格(消費税込み)は96万9,840円です。

 

シリーズ共通カラーを採用したが……

いかがでしたでしょうか?今回は、「GSX-R」シリーズのエンジン&コンポーネントを使用したストリートモデル、「GSX-S」シリーズの2018年ラインアップをご紹介してみました。

3車種を取り上げましたが、シリーズ共通カラーを採用していることが分かりますね。それはそれで良いのですが、各車の独自感が極めて弱く、どれも同じように見えてしまいますね。少し淋しい気がした筆者です。

皆さんは、どのように感じましたか?

 

「GSX-S750 ABS」2018年モデルのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,125×785×1,055mm
  • 軸間距離:1,455mm
  • シート高:820mm
  • 車両重量:212kg
  • エンジン:水冷4ストローク直列4気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:749cc
  • 内径×行程:72.0×46.0mm
  • 圧縮比:12.3
  • 最高出力:83kW〈112PS〉 / 10,500rpm
  • 最大トルク:80N・m〈8.2kgf・m〉 / 9,000rpm

 

参考-スズキ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。