2019年発売予定!ホンダ「CB650R」を物足りなく感じるのは歳のせいなのか……

唐突ですが皆さん「バイクは好きですか?」……ヤングマ●ン誌やオー●バイ誌の「ニューモデル登場!」なんていう見出しに心をトキメかせていたのは何時の頃だったのか……「バイク大好きです!」と答えるのに躊躇する今日この頃の筆者ですが……それに反して当サイトでは、2019年発売予定モデルを紹介しています。

 

2019年発売予定!MVアグスタ「Superveloce 800」の美しさに酔いしれるべし!

最初にご紹介したのはMVアグスタ「Superveloce 800」。極めて美しい、そして速い、イタリアンバイクらしいスーパースポーツモデルでした。

 

2019年発売開始!BMW「R 1250 GS Adventure」はBMW初の技術を搭載したエンジンに注目だ!

続いてご紹介したのはBMWモトラッド「R 1250 GS Adventure」。可変バルブタイミング機構を同社製モーターサイクルとして初めて搭載。排ガス規制をクリアしつつ商品性もアップした、アドベンチャースポーツ・モデルでした。

そして今回ですが、ホンダ「CB650R」を取り上げてみたいと思います。

 

「CB650R」はCB-Rシリーズの次男さん!

【ミラノショー2017速報】ホンダがネイキッド攻勢!「CB1000R・CB300R・CB125R」は軽量ハイパワー!

今更ながらですが、ホンダの次世代を担うべく投入されたネイキッドモデル群が”CB-R”シリーズ。”ネオ・スポーツ・カフェ”というシリーズコンセプトが謳われていましたね。この「CB1000R」が長男さんとして登場しまして……

 

車重143kgの軽量シングル!「CB300R」は未来の定番スポーツモデルになる予感!

あえて単気筒エンジンを搭載して個性を打ち出してきたシングルスポーツ・モデルとした「CB300R」と……

 

世界戦略車だった!日本発売が確定的なホンダ「CB125R」はカスタムベースにも最適!

デザインイメージを統一しつつ、お財布にも優しい「CB125R」も同時に市販化されました。コチラはエントリーライダーやカスタムベースにも最適な1台に仕上がっており、「CB-Rシリーズ、なかなかやるな!」ってな感じでした。そして残されていたのは600cc付近。ということで登場したのが「CB650R」です。

 

CB650Rの世界初公開はEICMA 2018

そして今回ご紹介する「CB650R」が世界初公開されたのは、昨冬開催のEICMA2018(ミラノショー2018)でのこと。公式リリース日本語版では、

カフェレーサーのデザインエッセンスと、凝縮した台形プロポーションを融合させた個性的なスタイリングを実現しました。直列4気筒エンジンは、より力強い出力特性を図るとともに、ホンダセレクタブルトルクコントロールとアシストスリッパークラッチを採用することで、操る楽しさと上質なライディングフィールを追求しています。

と記載されています。

 

ホンダさんの仰る通り、確かにミニマルかつモダン、そしてカフェレーサーのエッセンスを取り入れたネイキッドモデルであります。そしてHSTCとスリッパリークラッチという新機構の搭載が目新しいみたいです。

ホンダの公式リリースを読み進めますと……

CB650Rは、扱いやすい車体サイズに低回転域から高回転域まで伸びやかな回転フィーリングを堪能できる直列4気筒エンジンを搭載した従来モデルの「CB650F」をベースに開発されました。「都市のライフスタイルに興奮をMiddle Sports Roadster」を開発キーワードに、従来よりもさらに軽量化とマスの集中化を図るとともに、車体・足回り、パワーユニットの各部を熟成。新世代CBシリーズとしてスタイリングの一新を図り、名称を従来のCB650FからCB650Rへ変更しました。

と記載されています。「CB650F」ベースと表現されていますが、現実的には同じくモデルチェンジを果たしたスーパースポーツ・モデル「CBR650R」のネイキッド版だと言えます。

 

コチラが新しい「CBR650R」。車体・足回り、パワーユニットの各部を熟成させつつ、スタイリングを一新。モデル名を従来の「CBR650F」から「CBR650R」へと変更したものであります。

この新しい「CBR650R」を裸にして、CB-Rシリーズ共通のデザインを持つ外装を被せたのが「CB650R」と言えそうです。

「CB650R」は全長×全幅×全高が、2,130×750×1,150(mm)です。ホイールベースは「CBR650R」と同じ1,450mm。車両重量は202kg。コレは「CBR650R」の207kgより5kg軽量です。

エンジンには、総排気量648ccの水冷4ストローク DOHC4バルブ直列4気筒を搭載しています。最高出力は70 [95] / 12,000 (kW[PS] / rpm)、最大トルクは64[6.5] / 8,500(N・m[kgf・m] / rpm)です。

 

CB650Rの発売日は2019年3月15日だ!

ということで今回は、CB-Rシリーズに追加された「CB650R」をご紹介してみました。

とても良くできていて、非の打ち所がない素敵なネイキッドスポーツモデルなんですが……申し訳ないのですが個人的には余りトキメかない1台です。前モデルやベースモデルの関係性なんかが、その原因でしょうか。それとも単に筆者が歳を取ったってことなんでしょうかね。

その発売日は2019年3月15日、そして車両本体価格(消費税込み)は96万1,200円。お値段的にもリーズナブルですし、上手い人が乗ったら速そう。もしかして、こうしたモデルをガンガン乗りこなす人こそが玄人バイカーなのかも知れません!

HONDA

東京都港区南青山2-1-1
TEL. 03-3423-1111(代表)

公式ホームページ