【高性能125cc】大人気ハスクバーナ「SVARTPILEN」に125ccモデルが追加!

スウェーデンの老舗メーカーであるハスクバーナは、特にオフロードでの活躍で知られていましたが、近年はコストパフォーマンスに優れるロードスポーツ「SVARTPILEN」シリーズと、そのスクランブラー版とで、オンロードにも進出してきたのは記憶に新しいと思います。

今回は、そのロードスポーツ「SVARTPILEN」シリーズの末弟となる125cc版が追加発表されのでご紹介致します!

 

「SVARTPILEN125」は水冷エンジン搭載のロードスポーツモデル!

コチラが今回発表された「SVARTPILEN125」。250cc、401cc、701ccモデルが既に発売されていますが、最小排気量として末弟のモデルです。ですので文法は兄貴分をなぞった形になっております。端的に言えば、「そこそこハイパワーなエンジンを搭載したモダンデザインのロードスポーツ」といった感じです。

エンジンは水冷単気筒DOHC4バルブ125cc。最高出力は15bhp / 9,500rpm、最大トルクは12Nmと、日本の原付二種クラス(ピンクナンバー)の中ではかなり高スペックと言えます。抜かりなく6速トランスミッションを採用しているあたりも近年のハスクバーナらしい所。”手抜きなし”であります。

 

「SVARTPILEN125」はパーツも高性能!

鋼管トレリスフレームと、北欧モダン的なと言いますが、現代的なエクステリアもまた兄貴たちと同様。125ccクラスにありがちな安っぽさなんて微塵にも感じません。

フロントフォークはWhite Power製Apex43mm倒立タイプ、リヤショックにも同じWhite Power社製品を採用していますし、ブレーキもまた、兄貴分と同じBybre製品。Bybreとは聞きなれないブランドかも知れませんが、Bremboのグローバル市場向けブランド。早い話が廉価版。ですので、構成パーツからしても性能・品質は折り紙付きなのです。!

 

「SVARTPILEN125」の弱点は重量くらい!?

ということで、かなり魅力的な「SVERTPILEN 125」なのですが、唯一残念なポイントと言えば、車両重量が146kgあるという点です。コレはガチンコのライバルと目される「CB125R」の127kgより約20kg重たいのです。車両重量146kgですと、250ccクラスのホンダ・クラブマンやカワサキ・エストレヤと同じ重量。400ccクラスのKTM・DUKE390にいたっては139kgですから、やはりこちらの「SVERTPILEN 125」はちょっと重く感じますね。

しかし、そんな弱点を差し引いても、この素敵なデザインなら、群雄割拠の125ccクラスでも十分に戦っていけるのではないでしょうか。

現時点での日本発売は未定ですが、近い将来、発売される可能性が高いと踏んでいます。ハスクバーナさん、ぜひ日本での発売をお待ちしております!

ハスクバーナ

公式サイト

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。