バイクと対話する日も近い!?カワサキが考える未来のビジョンとは

バイクと対話しながらバイクで走る。SF映画で見かけそうなそんな光景を実現すべく、次世代技術の開発にカワサキが取り組んでいます。AI(人工知能)やICT(情報伝達技術)を用いて安全で便利な、なおかつライダーの好み・走行スタイルに合わせてセッティングも行うマシンを生み出そうとしているのです。カワサキが考えている未来のバイクに迫ります。

 

ライダーとバイクが対話する不思議な光景

まずはカワサキが公開しているこちらの動画をご覧ください。

 

無機質な男性の声がバイクから発せられています。エンジンやサスペンションのコンディションにアップデート状況の報告、渋滞回避やブラインドスポットから走ってくる自動車などの交通情報のアナウンス、さらには路面コンディションに合わせた走行モードのチョイスやブレーキサポートなどをAIが行なっているのです。

 

さらに驚くべきことは、人間とAIが対話しているということ。意志や感情を感じ取ることもできるようになっているため、既存のスマートスピーカーでは難しい、より自然な会話を可能としています。

 

マシンセッティングにもAIが積極的に介入。経験・スキル・ライディングスタイルに合わせたマシンセッティングができるようになっているのです。

 

交通事故のない社会に貢献する

 

AIを駆使した渋滞回避や交通事故予防によってより快適で安全なバイクライフを送ること。そしてバイカーの乗り方に合わせた制御をAIに行わせることでバイクとの一体感や操る楽しさを極限まで高めること。これら2つがカワサキの掲げるバイクヴィジョンであることは明らかです。

 

自動車やバイクに乗る限り、交通事故に遭うリスクはどうしても無視できません。それを最先端の技術で未然に防げるんですから、純粋にライディングを楽しめるようになることでしょう。

 

バイクを操る楽しさを残すことができるか

バイクを操る楽しさを残すことができるのか、これはAIにバイクを制御させるうえで最大の論点になるでしょう。自分が理想とするライディングができれば楽しいことは間違いないですが、完全にAIの制御任せと自分で考えて走るのとでは、大きな違いがあります。自分の力でうまく走れた時の気持ち良さは何ものにも変えがたいですし、AIはサポートに徹してライディングの上達を促して欲しいところです。

また、バイクに乗りながら1人(孤独)を感じるのもバイクの醍醐味です。頻繁にAIに話しかけられるのはちょっとツライところ。運転が上手くなるプロセスやひとりの世界に浸るといったバイクの醍醐味も継承されて欲しいですね。

 

未来のバイクはどうなる?

未来のバイクには良いところも懸念されることもありますが、「高いレベルでバイクを操る悦びを味わって欲しい」というカワサキのバイク開発の本質は変わりません。これからも魅力的なバイクを生み出してくれることに期待しましょう。

今回はカワサキの例でしたが、それぞれのバイクメーカーはどのような次世代バイクを考えて生み出していくのか、目が離せません。for rideでも様々な次世代バイクやそれらがもたらす未来に迫っていきます。

川崎重工株式会社

公式サイト

ジョン スミス

ジョン スミス

XLR 250 BAJAで腕磨いてます。デミオでラリーに参戦中、目指せフル参戦。好きなバイクメーカーはイタリアのMV AGUSTA。