ついにバイクにも”M”の衝撃。歴代最強となる公道マシンBMW「M 1000RR」登場

BMW M1000RR

レース直系のハイパフォーマンスさゆえに、クルマ好きの憧れを集め続けているBMWの「Mモデル」。これまでバイクでは展開がありませんでしたが、とうとう満を持して登場しました。それが、BMWモトラッドの「M1000RR(以下:M RR)」。市販車レース・世界スーパーバイク選手権(WSBK)での勝利を目指したハイスペックを誇りながら、きちんと公道走行可能なロードゴーイングレーサーとして仕立てられています。

 

“M”のDNAを表すデザインとダイナミックなスタイリング

BMW M1000RR

M RRのベースはスーパースポーツ「S1000RR(以下:RR)」。もともとレーシーなデザインでしたが、さらに迫力を増しているのがフロントのカーボン製ウイングです。世界最高峰のレース・MotoGPではすっかり御用達ですし、市販車でもドゥカティ「パニガーレV4」やホンダ「CBR1000RR-R」といった過激なモデルへの採用が増えています。

もちろん、ただ見た目だけの装備ではありません。最新の実験施設をもつBMWらしくサーキットと徹底した風洞実験を通じて生み出されており、走行時に強いダウンフォースを発揮。路面にタイヤを押し付ける力が強まるので、ストレートはもとより、コーナリング時の安定性も高まっています

 

BMW M1000RR

ブルーアルマイトの美しいブレーキキャリパーには「M」の文字を刻印。スーパーバイク世界選手権で活躍するBMW Motorradのファクトリーマシンから直接フィードバックを受けたレーシングスペックのブレーキシステムです。さらに足元の戦闘力を高めているのが、BMW M謹製のカーボンホイール。リアはクイックリリースにも対応しているので、交換もラクラク。ホントにレーサー顔負けの仕様ですね……。

 

BMW M1000RR

パット見はわかりませんが、フレームだってRRをベースとしながらも専用の設計。倒立フォークも形式は同様ながら、車体の変更に対する最適化が図られています。

 

BMW M1000RR

エンジンはもともとRRがサーキットに連れ出しても十分なほどのスペックを誇っていたモデルということもあり、最大出力は5psアップの212ps/14500rpm。車両重量も192kgで、1.5kgの軽量化と数値だけ見ると大したことないように見えます。それでも諸々の追加パーツをつけていることを鑑みれば、コンマ1秒を争うレースの世界では十分なアドバンテージといえるでしょう。

 

カーボンと削り出しパーツをふんだんに使った上級グレードも

BMW M1000RR

さらなる高みを目指す欲張りさんには、上級グレードのMコンペティション・パッケージも用意。ボディ各所を彩るカーボンパーツに、アルミ削り出しパーツ、軽量化を図ったスイングアームなど、見た目と性能の両面をアップさせるパッケージとなっています。信じられます?これ市販車なんですよ。

ただし残念なお知らせも。最高にクールなM RRですが、現在のところ日本への導入時期や販売価格は明らかにされていません。イギリスでは日本円で約420万円弱とのことなので、意外とお手頃なお値段で来てくれるかもしれません。

BMW Motorrad

公式サイト

石川 順一

石川 順一

理学の博士号をとったものの、趣味が高じてライター稼業に流れてきた変人。やっぱりクルマとバイクにはロマンがあるよね。