渋いデザインがたまらない!凛々しすぎる男前カスタムバイク3選!

「カスタムバイクは渋さが魅力の1つ」このように言われることも多いように、長年愛されてきたビンテージ感溢れるバイクには、心を惹かれてしまいます。そこでこの記事では「凛々しすぎる男前カスタムバイク」を3つご紹介します。どれも特徴は様々で、違った魅力を持っています。ぜひ渋く大人らしいバイクの美しさを堪能してください。

 

Cardsharper Customs’ Benelli 500 Leoncino

最初にご紹介するのは「Cardsharper Customs’ Benelli 500 Leoncino」です。黒とシルバーに統一された姿は、男らしさが滲みでていますね。

 

タンク部分はメタリックな素材でつくられ、美しい光沢を放っています。丸いボディが綺麗に曲線を描き、可愛らしさすら感じます。

 

シルバーのエンジンと絶妙にマッチしているのが、革製のシートです。男らしさ溢れるデザインは、バイク乗りの心を奪います。乗れば乗るほど、革は経年変化しより深い味わいが感じられることでしょう

 

マフラー部分はBenelli 500 Leoncinoのコンパクトな仕様を残しつつ、よりスタイリッシュに仕上げています。

さり気なく刻まれたロゴがアクセントとなり、より凛々しさを引き上げていますね。

 

Ducati Monster 1000 ‘Super Monster’ custom by Gillian De Blauwe

次にご紹介するのはGillian De Blauweがカスタムした「Ducati Monster 1000 ‘Super Monster’ custom」です。スーパーモンスターという名前のとおり、バイクから圧倒的な存在感を放っています。

 

注目すべきポイントは、ボディに塗られた赤とシルバーのラインです。光沢のかかったタンクに、前から後ろにかけて綺麗にデザインされています。

バイクの凛々しさが、より一層強調されていますね。遠くから見ると、バイク全体に統一感が生まれているのが分かります。

 

上向きに設置されたマフラーに放つインパクトも絶大。男らしさがにじみ出ています。オリジナルサブフレームもマフラーと向きをそろえており、巧妙な視線誘導テクニックが隠されています。

 

大きなヘッドライトにも、心を惹きつけられます。ヴィンテージ感の溢れるデザインは、男らしさと遊び心を兼ねそろえていますね。

 

BMW K75 Survivor

最後にご紹介するのは「BMW K75 Survivor」です。大人気メーカーBMWのバイクをカスタマイズしました。グレーのタンクは落ち着いた色合いをしていて、品のある仕上がりになっています。大人らしい落ち着きが感じられますね。

 

マットな風合いをしたシートも、見ているだけで愛着が湧いてきます。上品でかつ、高級感もたっぷりです。街中で見たら、誰しもが目を止めてしまうこと間違いありません。

 

エンジンに刻まれたいにしえの「BMW」のロゴも、シンプルでありながらアクセントとしての役割を果たしています。ライダーの好奇心がくすぐられますね。縦に長いフロントフォークの存在感も抜群で、BMW K75 Survivorに大きなインパクトを与えています。

 

カスタムショップの強いこだわりが感じられるバイクです。

 

今回は凛々しすぎる男前すぎるカスタムバイク3選をご紹介しました。どれも美しく、にじみ出る渋さがたまりません。まさに男のロマンといっても過言ではないですね。他にもヴィンテージ感溢れるレトロ風バイクから、最新の次世代バイクまで種類はさまざまです。ぜひこの記事をきっかけにカスタムバイクの魅力を堪能してください!

 

参考-inazumacafe