サル好き歓喜!あのモンキーがまさかのカフェレーサーに!?

2019年度パワーワード大賞候補ですよ、「モンキーカフェレーサー」なんて(笑)

今回この偉業を達成してくれたのは、この間オシャレすぎるスーパーカブカスタム集で取り上げた、タイのカスタムパーツショップの「K-Speed」です。では早速、件のモンキーカフェレーサーをご紹介しましょう。

 

Honda Monkey Cafe Racer by K-Speed

いやー、やってくれましたね!あのキュートなモンキーが、がっつりクラシックなカフェレーサーに大変身しました!見目麗しいスチームパンクなカラーリングがたまらんですね!

 

早速カスタム内容を見ていきましょう!12インチのホイールは取っ払われ、グロム用に設計された14インチのディスクをぶち込んでますね。クロムフィニッシュされた5.6ℓのタンクからオリジナルのシングルシートが伸びています。

 

カフェレーサーといえばセパハンですが、モンキーのハンドルをセパハンにしちゃったらおよそ成人男性では乗れなさそうですよね。いやもうセパハンにしちゃってますけど。

 

実はフロントフォークは3インチほど切り詰められ、ぐっとカフェレーサーの印象に近づいているようです。

ヘッドライトやテールライトは砲弾型のものに変更されています。ヘッドライトにはメッシュのガードが付き、カフェカフェしい雰囲気を醸し出しています。

 

シートの下にはYSS製のサスが着けられて、なんだかとってもレーシーになりました。ナンバープレートはやはり縦置きになってしまうんですね。

エグゾーストにはSuperTrappのマフラーを取り付けています。エンジン回りには耐熱性の高いブラックコーティングが施されています。ここまでしっかりイメージを統一してくるあたりに、K-Speedのカフェ愛を感じますね。

 

いかがだったでしょうか。この世にサル好きのライダーは相当いると思いますが、K-Speedのおかげでサルファンクラブのメンバーがさらに大幅に増えそうですね!見事なカフェカスタムでした、拍手!

 

参考-HICONSUMPTION