世界的な人気モデルがモデルチェンジ!COOL JAPANなヤマハ「MT-07 ABS」2018年モデルが新登場!

日本では、なんとなく地味な存在に映ってしまうヤマハ「MT-07 ABS」ですが、実は世界的な大人気モデル。ヤマハ・ヨーロッパは、「同カテゴリーの36%のシェアを誇りヤマハ史上最も売れているバイクの一つ」だと豪語しています。実際、2014年の発売開始から早くも40,000台が売れたそうです!

そんな同車が2018年にモデルチェンジを受けて、国内販売が開始されます!

 

マイナーチェンジで地味に良くなった!

それがコチラ!ヨーロッパで公開された公式画像。いわゆる”Cool Japan”的なカッコよさを前面にプッシュしていますが……

 

落ち着いて車両を見てみましょう。

今回のマイナーチェンジでは、“よりMTシリーズらしい進化”をコンセプトに開発。“MTシリーズ”のDNAをキープしつつ、ライダーの操作に対し優れたパフォーマンスを発揮する走行性能にさらに磨きをかけ、より“MTシリーズ”らしいスタイリングへの進化を行った、と言います。

 

水冷4ストローク直列2気筒DOHCの688cc・270度クランクエンジンやフレームには変更はありませんが……

 

今回のマイナーチェンジでは、バネ定数と減衰力のバランス調整を図り、ライダーの操作に対して、よりリニアに反応する前後サスペンションを新たに装備しつつ……

 

ライディングポジションの自由度を高め、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートを採用。さらに、吸排気の流れや“塊感”を強調し、より力強さを感じさせるスタイリングを採用。といった変更を受けています。

 

「MT-07 ABS」2018年モデルは3色!

さて、カラーラインアップですが、ここまでに掲載した、質感を感じるマットグレーをベースにイエローのアクセントカラーにより軽快な印象を与える”マットグレーメタリック3(マットグレー)”のほか……

 

ヤマハのスポーツイメージを象徴するブルーにブラックを組み合わせ、スポーティながらシリアスな印象を与える”ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」”、それに……

 

マットダークカラーで統一し、凄みを表現した「マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)」の3色設定とされています。

 

「MT-07 ABS」はお買得なのだ!

いかがでしたでしょうか?モデルチェンジされて魅力を増した「MT-07 ABS」2018年モデル。

筆者は、この”マットグレーメタリック3(マットグレー)”が良いかなと思います。ちなみに発売予定日は4月10日。そして気になる車両本体価格(消費税込み)は……77万7,600円ポッキリ!お買得なのも人気の秘訣でしょう。

最後にスペックを掲載しておきますので、気になった方はご覧くださいね!

 

「MT-07 ABS」2018年モデルのスペック

  • 全長×全幅×全高:2,085×745×1,090mm
  • 軸間距離:1,400mm
  • シート高:805mm
  • 車両重量:183kg
  • エンジン:水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブ
  • 総排気量:688cc
  • 内径×行程:80.0×68.5mm
  • 圧縮比:11.5
  • 最高出力:54kW(73PS)/ 9,000rpm
  • 最大トルク:68N・m(6.9kgf・m)/ 6,500rpm

 

参考-ヤマハ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。