【インターモト2018情報】コレは快挙!スズキの新型「KATANA(カタナ)」が世界初公開!

いよいよインターモト2018が開幕しました!モーターショー秋の陣、まず先陣を切ってくれたのは……まさかのスズキです!

当サイトの熱心な読者さんならば、インターモト2018で「カタナ」後継車が発表される、という予告記事を覚えていらっしゃるかと思います。

 

遂にキタ~!スズキ「カタナ」の後継車がインターモトで発表されるぞ!

事前に4本ものティザー動画を公開する力の入れ具合……近年のスズキに常に欠けていた、ヤル気に満ち溢れた意欲作を期待していたのですが……

 

新型「KATANA(カタナ)」が世界初公開!

見事、期待に違わぬエクステリアを持って、世界初公開されました!海外向け大型二輪車の新型「KATANA(カタナ)」です。

 

このカウル!年配のライダーにとっては、「現代に、あのカタナが蘇った!」ってな感じです。先進的な印象の長方形の縦型2灯LEDヘッドライトや、刀の切先をモチーフにしたLEDポジションランプにより「KATANA」らしい特徴的な顔つきに仕上げています。

いきなり公式リリースを抜粋しますと……

新型「KATANA」は、1980年のケルンモーターショーに出品し、日本刀をイメージした前衛的なデザインで世界のバイクファンの注目を集めた「GSX1100S KATANA」を原点とする新型モデル。開発にあたっては、スズキのものづくりの精神と「KATANA」の歴史を背景に、「スズキらしさ」と「KATANAらしさ」を表現することに注力。その結果、鍛錬を重ねた日本刀のように、他にはない個性的かつ前衛的なデザインと現代の最新技術を併せ持つ、全く新しい「KATANA」が誕生しました。

ということですね。

 

「GSX1100S KATANA」をモチーフに、現代風にアレンジした独自性の高いデザインは、シャープで大胆なラインをあしらった流線型のスポーティーなスタイリングを採用した、とのことですので、モチーフとされたオリジナルの「カタナ」を載っけておきます。

 

「カタナ」で大切にすべきは、そのエクステリアなわけですから、もう以下は蛇足と言っても良いのですが、今回のスズキは本気みたいです。ヨーロッパでは多数画像を公開しているのですが、その力の入れ方が半端ないのです。何故かエンジンのカットモデルまで画像を用意する力の入れ様です。

「GSX‐R1000」をベースに改良した999cc直列4気筒エンジンを搭載。「KATANA」にマッチした高揚感のある加速とストリート走行に適した扱いやすさを実現します。

Suzuki Clutch Assist System (SCAS)を搭載しており、シフトダウン時にはスリッパ―クラッチのように素早くスムーズに作動します。3段階から選択可能なトラクションコントロールを装備しています。

 

Low RPM assist systemを搭載。割とどうでも良いですが、実用面では、あると嬉しい装備ですかね……

 

フレームは軽量、とのみ記載されています。

 

倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパーを装備しています。これも「カタナ」のイメージ通り!

 

また、スズキで初めてスイングアームマウントリヤフェンダーを採用し、リヤウィンカーとナンバープレートホルダーを下部に配置することで、凝縮感のあるデザインを実現しています。

 

新型「KATANA」は2019年春に発売開始!

コレは2018年最大の衝撃!本気でカッコいいと思います!

しかも!この新型「KATANA」は、浜松工場で生産され、2019年春より欧州を中心に販売を開始する計画なのです。ということですから、当然、国内販売も実施されるに違いありません。

スペックなど詳細が入りましたら、続報としてお届けしましょう。まずはスズキさんに心から拍手です!

 

参考-スズキSuzuki(UK)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。