“チョイ古ベスパ”ってカッコいいけど……ブッちゃけ素人でも乗れるんですか?

令和に改元されたことをキッカケに、意識高く未来を見つめるのも良いでしょう…… でもね、温故知新って知ってる?「故きを温ねて新しきを知る」これもまた日本人の心得なわけですよ。

そんなワケで古いタイプの日本人としては、そんな今だからこそ、”チョイ古ベスパ”がカッコいいな…… なんて思っているのです。

 

チョイ古ベスパって何だ?

チョイ古ベスパってカッコいいですよね?なのですが…… ご存知の方も少なくないと思いますが、ベスパは実に長い歴史を有していまして、例えばこれらのモデルは、いずれもクラシックベスパと呼ぶに相応しいモデル達。

 

ところが…… 段々と写真を左から右に向かって眺めて行くと…… 徐々にチョイ古ベスパに近付いていくのであります。

そもそもベスパはイタリアのスクーター。スチール製モノコックフレームに(当時としては)強力な2ストロークエンジンを搭載。グリップチェンジの使いやすさと、この蜂のような可愛らしいエクステリアから、世界中で人気を博したモデルでございます。

それでですね…… 勝手に筆者がチョイ古ベスパを定義させて貰いますと…… それは「P125X」「P150X」「P200E」付近をイメージしています。1970年代後半から80年代に掛けて生産が開始されたモデル群。あとは定番の「50S Vintage」や「100S Vintage」なども加えておきます。

 

チョイ古ベスパはキックスタート!

これらのモデルですが、突っ込み過ぎるとマニアさんに叱られてしまうので詳細は省きたいのですが…… 何が良いって、その可愛らしいエクステリアが素敵なのであります。ローマの休日的に素敵な女性とタンデムすると似合うのですが、筆者の場合は古女房なので厳しいものがあります。

そんなことは置いておきまして、まずは面白いのがエンジンの始動がキックスタートである点。現行モデルではほぼ姿を消してしまいましたが、ヤマハ「SR400」に乗っている人なんかが、せっせと蹴飛ばしている、アレです。ただしチョイ古ベスパでは、排気量が比較的小さいので、キック自体は軽いものです。が、いかんせん年式がイっている車両ですから、購入当初は手こずるかも知れません。

チョークを引いておいてスロットル全閉でキック!というのが通常ですが、エンジンが暖まっている場合はチョークを引くとカブってしまいます。この辺りは、多少痛い思いをしながら慣れてください。それと始動を容易にする対策を施しておくこと。地味なのですが…… バッテリーを新品にすること、プラグを新品にすること。これだけで安心感が違います。逆に言えば……これでスムーズに始動しない場合は、それなりに整備が必要ということです。

 

グリップチェンジは慣れれば操作しやすい!

今時のスクーターはブイーンと速度を上げるに従って変速する無段変速が当たり前ですが、ベスパは違います。ちゃ~んとクラッチを握って、左グリップをひねることで変速するのであります。

ただし、この操作そのものは、普通にバイクに乗っている方にとっては容易いはず。むしろ”操作している感”を味わえるから、乗っていて楽しい!これはチョイ古ベスパの魅力の一つなのです。

 

ブレーキ操作は注意が必要!

不思議な乗り物チョイ古ベスパ。その不思議な所は、ブレーキ操作にあります。前ブレーキは右グリップレバーを握ることで掛かりますが、後ブレーキはフロア右下に装備されているフットブレーキペダルを踏むことで作動させるのであります。

お世辞にも効きの良いブレーキシステムではありませんが、これも慣れ次第。焦らず、のんびり、慣れてください。

 

混合給油を楽しむべし!

最後にご紹介するのは、混合給油について。混合給油なんてこの世から消えて久しいのですけど、コレが実に面倒臭い…… いや、楽しい作業なのです……。混合給油が何かと申しますと、ガソリンを給油するとき、2ストオイルを一緒に混ぜなければならないのであります。現在も走り続けている2ストスクーターは2ストオイルを勝手に混ぜ混ぜしてくれるのですが、ベスパはそんなに甘くない。自分で混ぜろよってことなんですね。

なので寒い冬とかはキレそうになるかも知れませんが…… それを楽しむくらいの変態さんでないと、チョイ古ベスパに乗ることは出来ないのであります。

 

結論

それで結論なのですが…… ぶっちゃけチョイ古ベスパは素人でも乗れるのか?答えは……「まぁ乗ってみてくださいな!」です。実際問題、混合給油以外は、とりたてて大きな問題なんて無いはずです。

筆者の知り合いの婦女子に、初めてのバイクがチョイ古ベスパなんていう剛の者もいます。「プラグってナンスか?」なんていうレベルで乗り始めましたが、今ではすっかり…… いや…… 大変残念なことに最新モデルのベスパに乗り換えています。が、それでも数年間はチョイ古ベスパライフを楽しんでいました。

皆さんも思い切って、是非、チョイ古ベスパに挑戦してみてください!