【早割約30万円税込】ミニカー登録(青ナンバー)の立ち乗り電動パーソナルモビリティ「PUFFIN(パフィン)」予約開始!

記事はこちら

累計で100台以上の販売を記録した公道走行可能(ミニカー登録)な電動キックボード「Sunameri2021(スナメリ2021)」を製造・販売しているフヂイエンヂニアリングが、新たに立ち乗り電動パーソナルモビリティ「PUFFIN(パフィン)」を開発しました。 国産(鈴鹿発)の立ち乗り電動パーソナルモビリティ「パフィン」は、現在クラウドファンディングCampfire(キャンプファイヤー)にて予約受付中です。 累計販売100台以上!ミニカー登録で公道を走行が可能な電動キックボード「Sunameri(スナメリ)2021」がおしゃれで便利! 電動パーソナルモビリティ「PUFFIN(パフィン)」 三重県鈴鹿市を拠点に活動しているフヂイエンヂニアリング株式会社は、モビリティの開発から製造・販売までをワンストップで行っている会社です。 「日本でのものづくり」にこだわりをもつ同社の「こんな乗り物あったらいいな」「ないなら作ってしまおう!」という想いから、これまでの知見と技術を結集させ、初心者でも直感的に楽しく乗れるパフィンが誕生しました。 普段の生活に生まれるワクワク感や、遊び心を大切にしたいという方に最適な電動パーソナルモビリティです。   操作方法はいたって簡単で、自転車のようにハンドルを曲げ、身体を傾けるだけで進路変更ができます。 最高速度は30km/hで航続距離は約40km。今までの電動モビリティとは一線を画すデザインと乗り心地を併せ持った新境地の乗り物です。   車体は20kgと比較的軽量なので、大人一人で持ち上げることができ、コンパクトに折り畳めるため、クルマにも余裕で収納することができます。また、玄関などに置いても場所を取らないのも、パフィンの魅力のひとつと言えましょう。 “ライヴに遊べるトラバイ(Trunk Bike)”として、ホンダ・シティに積載したいものです。   毎日の移動手段や買い物などにはもちろん、キャンプや旅先でのちょっとした移動などにも最適ですね!   カラーは5種類から選択が可能 パフィンのスタンダードカラーは、鮮やかなライムグリーン、落ち着きのあるアイボリーとアースブルーの3色展開です。   こちらのコーラルレッドとテラコッタオレンジはオプションカラーとなっており、大人の高級感漂う色合いに仕上がっています。 どちらもユニセックスなカラーリングで、非常にファッショナブルですね!   パフィンの特徴 パフィンは前二輪&低重心ボディで安定した走行性能を実現します。ご覧の通り青ナンバーを取得(ミニカー登録)することができるので、普通自動車免許があれば誰でも簡単に乗ることができます。 また、電動=モーター駆動なので、運転中の走行音はあまり感じられません。川のせせらぎや波の音など自然が生み出す周囲の環境音に耳を傾けることができます。カーボンフリーを目指す昨今にピッタリのエコな乗り物ですね。   車体の中央部には予備バッテリー(別売)を収納するスペースが設けられており、予備バッテリー以外にもコンビニに立ち寄った際のちょっとした荷物であれば収納することができます。 また、防水設計になっているので突然の雨でも安心して使用することができます。   家庭用の12Vコンセントで充電することができるバッテリーは、もちろん取り外しが可能ですので、車体ごと家に入れる必要はありません。   納期は2022年8〜9月ごろを予定 パフィンは現在、クラウドファンディングのキャンプファイヤーを通して支援を募っています。 一般販売価格は33万円(税込)ですが、早期支援者(10名まで)は29万7,000円(税込)で購入することができるので、気になった方は早めの決断をおすすめします!   パフィンのスペック 最高速度 30km/h 航続距離 40km 電圧 48V 電池容量 16Ah 最大出力 1,000w 充電時間 8時間 全長×全幅×全高(mm) 995×590×1,160 車両重量 20kg 価格(税込) 33万円