【ゲテモノ注意】マジかよ…!? 思わず目を疑うゲテモノカスタムバイク5選!

Carbon Fiber MOTO GUZZI GT by Renard Motorcycles

続きまして、なかなか珍しい筐体チョイスなモトグッツィのカスタム車両です!こちらの「Renard GT」を手掛けたのはエストニアに店を構えるカスタムショップ「Renard Motorcycles」です!

……にしても、こいつも相当ゲテゲテですね。早速、各カスタム部位にズームインしてみましょう!

 

まず気になるのはもちろんフロントサスですね!まるでConfederate社のように特異なモノショックがなんだかよくわかんない隙間からチラ見してます。どうやらこのフロントのモノコックシャシーは見た目の割に軽く、およそ10㎏なのだそうです。エグゾーストはボディの後部下から口が見えますね。

 

ボディとシームレスになっているタンクデザインと、オリジナルのシートが面白いですね。ハンドル回りはだいぶ大人しめです。総重量は167㎏となかなかに軽めで、おそらく外装すべてがカーボンファイバーで作られているんでしょうね。

 

お尻はだいぶコンパクトというか、めちゃめちゃ肉抜きされていますね。独特なリアスイングアームとほんのり見える、前方のものと同じオーリンズのショックがなかなかにスケベです。

原型は特徴的なエンジンしか残っていませんね!ナイスゲテ!