BMWのアドベンチャーモデルオーナーが徹底解説!新型「R1250GS」の魅力と進化ぶり

BMW R1250GS

オンオフ問わずどんな道でも突き進む、大陸横断系の冒険マシン「BMW R1250GS」に、待望の2021年モデルが発表されました。アドベンチャーバイクブームの火付け役といっても過言ではない一台の進化ぶりを、新機能や装備にスポットを当てて旧モデル「R1200GS LC」のオーナーが解説します!

 

究極の旅バイク「R1250GS」

数々のマシンを世に送り出しているBMWの中でも「R1250GS」は常にトップセールスを記録している象徴的なモデルです。迫力満点の大柄な車体、電子制御満載のハイテク武装、長距離でも疲れない数々の快適装備など「バイクで旅をする」ならこれ以上に優れたモデルはないといっても過言ではないほど

実際、休日にツーリングスポットに出かけると、旧モデルと合わせて必ずといっていいほどすれ違うマシンなので、いかにツーリング愛好家に好かれているのかが分かります。

 

ちなみにGSとはドイツ語で「ゲレンデ・シュトラッセ」の略で、どんな道でも走れることを意味します。大きく分けると旧モデルの空冷仕様「R1200GS」、水冷仕様の「R1200GS LC」、そして2018年に登場した現行モデルR1250GSの3段階で進化してきました。

 

新型R1250GSは無印とアドベンチャーの2種類

BMW R1250GS

R1250GSには無印のノーマル仕様と、大容量タンクや各種ガード類をフル装備したアドベンチャー仕様の2種類が存在しますが、2021年モデルは両方とも一新。エンジンやフレームの仕様などは、現行モデルそのままを踏襲している一方で、電子制御や快適装備がアップデートされています。

特に人気が出そうなのが、GSの誕生から40周年を記念して作られた、ブラック×イエローの特別カラーを纏った特別仕様「Edition 40 Years GS」。ハードな雰囲気を漂わせており、GS乗りとしてはどストライクのスタイルです!

 

新たなラインディグモード、DTC、コーナリングABSを採用

新型モデルでは、これまで「DYNAMIC、ROAD、RAIN、ENDURO」の4種類だったライディングモードに、新たに「ECO」が追加されました。もは大型バイクでは標準装備といってもいい機能ですが、最新モデルではどのような味付けがそれぞれされているのかGSオーナーとしては気になるところです。

 

BMW R1250GS

また、四輪でも使われているBMW独自のトラクションコントロール「DTC:ダイナミック・トラクション・コントロール」も搭載。オンロードはもちろん、オフロードでもタイヤのスリップを未然に防いでくれます

さらに、もともと定評のあるABSについては、コーナリング中でも最適なブレーキングを実現してくれる「コーナリングABS」へと進化しています!もはやGSの走りに死角なしなんじゃないかって感じですね。

 

電源ソケットとUSB端子を標準装備、待望のシートヒーターも追加可能

BMW R1250GS

ユーティリティも充実しています。新型では電熱ベストやグローブなどの使用に便利な、シート横の電源ソケットが新たに追加。時代に合わせたUSB端子も標準装備となりました。

R1200GSから現行モデルまでは「ヘラーソケット」と呼ばれるヨーロッパ基準の電源ソケットのみの装備となっていたので、ちょっとお高い変換アダプタを揃える必要がありましたが、新型ではその必要がありません。ちょっと羨ましい……。

 

また、メーカーオプションではありますが、待望のシートヒーターの追加も可能に。グリップヒーターと合わせて使用すれば、今まで以上に快適に冬ツーリングが楽しめそうです。

 

究極の旅バイクさらに極まる!

BMW R1250GS

BMWは早くからバイクの電子制御に取り組んでいたメーカーで、その技術は既に熟成の域に入っています。その最新版が与えられた新型GSの乗り味は、今まで以上に快適であることは間違いありません。

電源ソケットやシートヒーターなど、ますます旅が快適になる装備も満載で、究極の旅バイクがさらに極まった感があります。とにかく快適に走れるバイクが欲しい、長距離ツーリングが生きがい、デカイことが男のロマンだ!そんなバイカーは新型R1250GSに注目です!

BMWモトラッド

公式サイト

さすライダー

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。