1,800ccの衝撃!話題のBMW「R18」に試乗したらトルクモンスターだった!

BMWのバイクを象徴する、車体の左右に大きく張り出した「ボクサーエンジン」。それを搭載したモデルの中でも「R18」は、1,800ccというクルマ顔負けの排気量を誇るマシンで、どこからでも加速するトルクモンスターです!そのスゴさを試乗して感じてきたので、レポートしてみたいと思います。

 

他にはない存在感を放つBMW流クルーザーモデル


大型ツアラーやアドベンチャーバイクに定評のあるBMWですが、R18はその常識に囚われないクルーザーモデルです!

クルーザーとは俗にいうアメリカンバイクでドイツ車としては思い切った感がありますが、実は1936年に「R5」というクルーザーモデルを出した歴史があり、R18はそのオマージュモデルとなります。

 

最大の特徴はもちろん1,800ccのボクサーエンジンで、1つにつき軽自動車1台分以上の巨大なシリンダーの存在感は凄まじいです!

 

左右に張り出したシリンダーから伸びる巨大な2本出しマフラーの存在感や、メッキをふんだんに使ったピカピカの車体は、所有するだけで満足できる仕上がりになっています。

 

トラディショナルな車体に最新装備を満載

見た目は至ってトラディショナルなR18ですが、実は最新装備が満載されています!前後のブレーキにはもちろんABSが装備されていて、タイヤの空転を防ぐ「ACS:トラクションコントロール」も実装されています。

ライディングモードは「ROCK(ハイパワー)、ROLL(ノーマル)、RAIN(雨天走行)」の3種類から選ぶことが可能で、現在の走行条件に合ったモードを好きに選ぶことができます。

 

ヘッドライトとテールランプは全てLEDになっています。その明るさは夜間走行でもまったく不安がないほどです。

 

駆動方式はこれまたBMWならではの、「シャフトドライブ」を採用。あえてシャフトを露出させることで、意図的に回転を「見せる」ように設計されています。

 

足つきは最高の一言

R18のシート高は69cmで、どっしりと座って運転するクルーザーモデルらしく低めに設計されています。ちなみに身長173cmの場合は両足が余裕で設置するのはもちろん、膝をかなり曲げても余裕の足つきです。

この数値であれば小柄な女性ライダーでも足つきに不安を覚えることはないとは思いますが、ちょっと不安になるのは車重。345kgもあるので、引き起こしはそれなりにズシりと来ます。

 

どこからでも加速するトルクモンスター!

足つきを確認したところで、意気揚々と試乗へ。さすがに排気量が1,800ccもあると、ギアが今何速に入っているのかを意識しなくても、とにかくどこからでも加速してくれます!

もはや3速や4速で発進することすらできますし、急な坂道でもアクセルを開ければグイグイ進んで行くトルクモンスターな感覚は、一度体験したら病みつきになりそうなほどです!

 

しかも、ホイールベースが長い分カーブが苦手かと思いきや、重量級の車体がウソのようにヒラリと曲がるコーナリングも最高の一言。

 

R18はクルーザーモデルらしく「シーソー式のチェンジペダル」を採用しているので、シフトアップとダウンを前後のペダルで独立して操作することになります。

クルーザーモデル未経験なので最初は戸惑いましたが、10分くらい運転したら徐々に慣れてきたので、そこまで苦労することはありませんでした。

どちらかといえばシフトチェンジよりは、若干重めのクラッチ操作の方が慣れが必要だと感じたくらいです。

 

そして最後にこれだけは頭に入れておいて欲しいポイントがあるのですが、エンジンをかけた瞬間に車体が強烈に左に振られますので、両足で踏ん張っておくのを忘れずに……まぁ、これもR18の味ということで。

 

食わず嫌いはもったいない!

1,800ccのエンジンを搭載した重量級のクルーザーと聞くと「ちょっと無理かな……」と思ってしまうかもしれませんが、もったいない!それは完全な食わず嫌いです。

確かにクセがあるか無いかと聞かれれば「ある方のマシン」ではありますが、怒涛のトルク感とこみ上げる優越感を味わえます。ぜひ乗ってみてほしい1台です!

BMW Motorrad

公式サイト

さすライダー

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。