軽量で扱いやすいミドルスポーツの新時代!アプリリア「RS660」が欧州で予約受付開始

アプリリア RS 660

世界最大のバイクショーEICMA2018でプロトタイプが出品されて以来、尖った性能をもつアプリリアのスーパースポーツにおけるミドルクラスを埋めるモデルとして注目を集めてきた「RS660」。とうとう欧州では、2020年10月12日から予約開始となりました。日本でも導入間近と予想されますし、今のうちにその魅力をおさらいしておきましょう。

 

割り切ったエンジン出力とクラス随一の軽量性

アプリリア RS 660

エイペックスブラックはアプリリアらしいスタンダードなカラーリング。

外観はRSVシリーズに共通する先鋭的なイメージを維持しつつ、風の流れを感じさせる複雑なレイヤーデザインに進化。実際、コンピュータシミュレーションによる流体力学を最大限に活用した結果だといいます。

カラーリングは3色展開。アプリリアらしいイメージのエイペックスブラック、かつてのRS250乗りには懐かしいレジアーニカラーを彷彿とさせるラヴァレッド、そして新色となるアシッドゴールドといった形です。

アプリリア RS 660

ラヴァレッドはかつての2スト乗りならニヤリとしちゃうところ。

 

アプリリア RS 660

若年層に受けそうなファンキーさのアシッドゴールド。

そんなRS660で特筆したいのは、やはり搭載される並列2気筒エンジン。659ccながら馬力はなんと「約100ps」という割り切り具合です。ライバルとなる国産ミドルクラスが軒並み高回転型の4気筒、110ps超えを果たしていることを考えるとちょっと控えめな印象ですね。

 

アプリリア RS 660

一方、最大トルクはおよそ67N・m/8500rpmと中速域を重視した設定。しかも、その80%を4000rpmで、90%を6250rpmで発生するというから、低速域の俊敏さも侮れません。ライバルが1万回転超えでピークトルクを発揮していることと比べても、キャラクターの違いは一目瞭然。サーキットでのスタートダッシュはもちろん、ストップ・アンド・ゴーの多い街乗りでも軽快な運動性を発揮してくれることでしょう。

 

アプリリア RS 660

なにより乾燥重量169kgから予想される車重は180kg前後と、もはや250ccクラスに迫る軽量さです。まさに誰でも操りやすい「サーキットからツーリングまで毎日の走りを楽しめるスーパースポーツ」となっているってワケ。

 

ライディングアシストはリッタークラス

アプリリア RS 660

電子制御の豊富さはアプリリアのフラッグシップスポーツ「RSV4 1100」譲り。車体の動きを精密に検知する6軸IMUを筆頭に、トラクションコントロールにウイリーコントロール、上下対応のクイックシフト、エンジンブレーキコントロール、エンジンマップの変更機能、さらにさらにコーナリングABSを用意。スーパースポーツとしては珍しいクルーズコントロールだってついちゃう豪華ぶりです。

 

もはや定番ともいえるライディングモードは5つ設定。公道向けの「コミュート」、スポーツライディングに最適な「ダイナミック」、カスタマイズ可能な「インディヴィジュアル」に加え、サーキット向けのフルパワーモード「チャレンジ」、詳細なカスタムモード「タイムアタック」となっています。

ここまでイジれるところが多いと、ゲームフリークや工作好きも血が騒いできます。ビギナーはもちろん、エキスパートまで自分に合わせたセッティングを探る楽しさも味わえそうです。

 

日本への上陸が待ち遠しいRS660ですが、現在のところ本国のリリースにもホームページにも記載がありません。電子制御満載とはいえ、2気筒まで押さえられたエンジンを搭載しているわけですし、ライバルより高くなるということはないハズ。海外の大手メディアによれば日本円で約140万円とのことなので、そのあたりで来てくれたらうれしいなぁ。

アプリリア(EN)

公式サイト

石川 順一

石川 順一

理学の博士号をとったものの、趣味が高じてライター稼業に流れてきた変人。やっぱりクルマとバイクにはロマンがあるよね。