値段以外は文句なし!カフェレーサースタイルの電動バイク「MANX7」がカッコいい!

数多くの電動バイクを紹介している当サイトですが、その中でも群を抜いてカッコイイ電動バイクがあったのでご紹介したいと思います。

 

SAROLÉA「MANX7」

こちらがSarolea Motorcyclesが制作した「MANX7」。最大の特徴はフロントカウルをはじめ、タンクやリアカウルに到るまで連なった一体型の外装部でしょう。

少し野暮ったくもありますが、カーボン素材を使用しているので、見た目以上に軽量になっています。その証拠に、MANX7の車重は約217kg。電動バイクの中ではかなり軽量ですね。

 

面白いことに、MANX7はフロント50%、リア50%の比重になっているので、バランスが良く、操作性と乗り心地に優れています。

また、バッテリーは高性能リチウムイオン400vを搭載し、14kWh(230km range ※航続可能距離)、18kWh(280km range)、22kWh(330km range)の3種類から選ぶことができます。充電時間は25分程度で0〜85%の充電が可能。

なにより、加速力に長けており、わずか2.8秒で100km / hまで到達。最高速度は153mph(約246キロ)……これは驚きですね!

 

MANX7のお値段は!?

正直、見た目がいまいちな電動バイクが多い中、カフェレサースタイルのMANX7はかなりカッコイイ方なのではないでしょうか!

機能面、ビジュアルは完璧ですが、肝心のお値段はと言うと……14kWhモデルで$50,000です。日本円にして555万9,050円……これはなかなか手が出ませんね。300万くらいだと需要がありそうな気がしますね……まぁ、筆者は買えませんが。

 

参考-Sarolea
上中達也

上中達也

BMX、MX、スケボー、サーフィンなど横ノリ全般をこよなく愛する。クルマやバイクの新車情報や、オモシロ動画を逐一チェックする癖アリ。