全国の「道の駅」が舞台!アプリ連動のスタンプラリーに参加して豪華景品をゲットしよう!

ホンダドリームによる、豪華景品がもらえる期間限定のスタンプラリーを実施していたのでご紹介しましょう!

まず、このイベントに必要なのが専用アプリです。App StoreGoogle Playからダウンロードすることが可能。ちなみに今回ご紹介するアプリは、残念ながらホンダのオーナーであることが条件になりますので、ホンダユーザー以外はあしからず……

 

 

最新のアプリでツーリングを楽しむ

参考-ホンダ

 

このアプリはツーリングをもっと楽しめるように開発されたもので、写真を撮影しSNSで投稿できる機能や、鈴鹿8耐やMotoGP などのイベント情報、全国のバイク仲間とつながることができるという優れものなんです。

バイクに関する情報だけでなく、道の駅に行ってpointを獲得するとHonda Dreamのオリジナルグッズがもらえるイベントも開催中。

道の駅は全国に1,134カ所(2018年3月現在)あり、このアプリを使うと道の駅を簡単に検索することができます。地図をみながら次の道の駅まであと何キロか考えて、休憩や給油などいろんな計画しながらツーリングを楽しむのもいいですね。

 

イベントの詳細

  • 開催期間:2018年4月1日(日)〜 11月30日(金)
  • 参加料金:500円
  • 参加資格:HONDA Dream Owner’s Card 会員様
  • ※アプリのダウンロード後にHonda Dreamでスタンプラリーのエントリーが必要

 

久里浜と金谷でフェリーを利用すると

道の駅は全国にあるので、バイクだけでの移動は厳しい……そんな人にはフェリーがおすすめです。

移動中はロープで固定されますが、バイクに接触し傷となりそうな部分には、スポンジを挟んでもらえるようです。そんなに揺れないとは思いますが、天候によっては揺れる可能性もあるので、しっかり固定してもらえるのは安心できますね。

また、平成29年9月1日に二輪車の料金が改定になり、バイク1台に対して運転者1名で旅客運賃がかかります

  • 125cc未満:片道1,590円、往復2970円
  • 750㏄未満:片道1,940円、往復3,630円
  • 750㏄以上:片道2,310円、往復4,340円

 

北海道へバイクで行くなら

参考-ニセコジャパン

茨城県から北海道までは少し距離があるので、車両運賃と旅客運賃が別で表示されています。50㏄からの排気量によっての車両運賃と、期間によって料金がことなりますが、旅客運賃13,330〜15,900円が必要になります。

  • 50㏄未満:6,170円
  • 400㏄未満:1,1310円
  • 750㏄未満:14,400円
  • 750cc以上:16,460円

 

道の駅で出会ったホンダ「NS50F」

「祝60周年!人気のホンダ「スーパーカブ」が時代をこえて愛される続ける理由とは!?」の記事でご紹介した、ホンダのバイクに乗っていた青年たちも、金谷からフェリーに乗って道の駅めぐりをしていました。余談ですが、せっかくなので「NS50F」についても触れておきましょう。

「NS50F」は平成元年に新しいカラーリングとなって発売されたモデル。エンジンは水冷2サイクル単気筒で、最高出力7.2ps / 10,000、最大トルク0.65kg-m / 7,500rpmとなっています。低~高回転域まで扱いやすい長距離のツーリングにも適した設計で、大型のボディが特徴のロードスポーツパイク。

平成元年には、新たにレンズ一体式のデュアルヘッドライトが採用されています。限定車となるブルー・ホワイトのカラーリングは、4,000台のみで、その他にレッド・ホワイト、ダーク・ブルーメタリックがあり販売目標20,000台とされていました。

 

「NS50F」のスペック

型式:A-AC08

全長×全幅×全高:1, 855mm ×630mm ×1,065mm

軸間距離:1,260mm

シート高:760mm

車両重量:92kg

燃費:61.5km / L(50km / h)

総排気量:49㏄

始動方式:キック式

点火装置形式:CDIマグネット点火

燃料タンク容量:10L

価格:225,000円(当時)

 

いかがだったでしょうか?ツーリングをして、道の駅を利用することでポイントを集め、豪華景品をゲット!まさに一石二鳥なのではないでしょうか。気になる豪華景品については、ホームページをご覧ください。

smile

smile

楽しいとおもえる時間や空間が好き。趣味はバイクで自由気ままに走ること。車・映画・音楽・ファッション。色んな視点から走る楽しさを伝えていきたい。