【2017年の総まとめ!】今年ホンダが発表した注目モデルを2分で振り返る!

2017年もあっという間に残りわずかになりましたね。そこで今回から暫く、2017年に発表された各メーカーのモデルを総まとめの形で復習して行きましょう。

初回はホンダ!どんなモデルを発表していましたっけ?

 

Honda Riding Assist

2017年初にアメリカで開催された世界最大の家電展示会”CES”で発表されたのが転ばない機能を搭載した技術コンセプトモデル「Honda Riding Assist」。

 

未来はすぐそこまで来ている!自立するバイクをホンダが開発

大きな反響があった技術コンセプトモデルでした。紹介記事では動画も掲載しています!

 

Honda CB1100 RS

続いては、1月に発売が開始された大型ネイキッドスポーツモデルの定番、”CB1100″シリーズの2017年モデル。

 

スポーティな「RS」も追加!ホンダの定番ロードスポーツ「CB1100」シリーズが新発売!

17インチホイールの採用などにより、よりスポーティな仕様とされた「CB1100 RS」が新たに加えられていました

 

Honda CRF250 Rally

そして2月には、昨秋のミラノショーで発表されて大いに注目を集めたホンダ「CRF250 RALLY」。「ザ・ダカールレプリカ 週末の冒険者へ!」というキーワードのもとで開発された注目モデルが、遂に国内販売が開始されました!

 

やっぱり欲しい!国内販売が開始されたホンダ「CRF250 RALLY」で軽~く週末の冒険に出掛けたい!

記事では、開発思想のもととなったダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」の写真を交えつつ、ディテールも紹介していました。

 

モンキー50周年アニバーサリー

続いては、「モンキー50周年アニバーサリー」!1967年に発売開始された初代モンキー「Z50M」へのトリビュートでもあった本モデル。

 

完成度は30周年より高し!ホンダ「モンキー」50周年アニバーサリーは初代モンキーがモチーフなのだ!

3月に発表された際には、(そのお値段はともかくとして)多くのファンが喜んだものでした。

 

Honda CBR1000RR / CBR1000RR SP

ホンダの小さいの、の次にリリースされたのが、フルモデルチェンジを受けて戦闘能力を大幅に引き上げられたスーパースポーツモデルのフラッグシップ、「CBR1000RR SP」&「CBR1000RR」でした。

 

すべて最先端!ホンダ「CBR1000RR SP&RR」はエンジン・車体・電子制御技術が最新なのだ!

エンジン、車体、電装系……すべてに渡って最新技術が導入されたモデルでした。

 

Honda X-ADV

続いては、2015年から出るぞ、出るぞ、と言われ当サイトでも長らくウォッチしていた「X-ADV」。遂に国内販売が開始されました!

 

ホンダ「X-ADV」国内販売が開始!新型アドベンチャーモデル発売までを振り返る!

ホンダのビッグスクーター「インテグラ」のために新設計された総排気量745ccの水冷4ストローク2気筒エンジンを搭載。さらにホンダが積極的に装備を進める”DCT”を装備した、新型アドベンチャーモデルでした。

 

Honda CBR250RR

5月には、長らくヤマハ「YZF-R25」に王座を明け渡していたホンダの反撃の狼煙、「CBR250RR」の国内販売が開始されました!

 

国内販売が開始!ホンダ「CBR250RR」は期待に違わぬ高性能だが、大事なアレが残念過ぎる!

記事ではディテールをご紹介するとともに、残念過ぎるお値段にも言及していました。

結果は、発売後3日で年間予定販売台数を上回る絶好調の受注ぶり、とのリリースがホンダから発せられました。その後はどうなったのでしょうね?

 

Honda CRF450R&CRF450RX / CRF250R

小型軽量リチウムイオンバッテリーを搭載!ホンダ「CRF450R&RX」の2018年モデルが発表!

新DOHCエンジン&チタン製タンク!ホンダ「CRF250R」2018年モデルがヨーロッパで発表!

オフロードモデルも細々とウォッチを続ける当サイト。CRFシリーズのフラッグシップ”450″はマイチェン、”250″はフルモデルチェンジを果たしていることをお伝えしています。

 

モンキー50周年スペシャル!

おめでたい50周年アニバーサリーモデルの登場からすぐ、なんとモンキーの生産終了が発表され、全世界の猿好きが喪に服していたわけですが……”50cc最後のモンキー”が500台限定で発売されると発表されました!

 

500台限定!クロムメッキ仕上げのホンダ「モンキー・50周年スペシャル」は”50cc”最後のモンキー

全身がクロムメッキ仕上げのピカピカなモンキーでしたが、ウェブ申込は(筆者を含めて!)ハズレが続出でしたね……

 

“ジャイロ”シリーズも排ガス規制に対応!

多くのモデルが排ガス規制の影響を受けて生産中止されて行くなか、”ジャイロ”シリーズは生き残りを果たしました!

 

スリーターって知ってる? 法規対応の「ジャイロ」シリーズはホンダ三輪スクーターの第2弾だった!

当サイトでは”スリーター”と呼ばれた初代の前から、ジャイロシリーズを復習しています。

 

Honda CB150R ExMotionがタイでリリース!

カフェレーサーも追って登場!? ホンダのニューモデル「CB150R ExMotion」は今春発表されたコンセプトモデルの市販バージョン!

スクランブラーにモリワキ仕様!ホンダ「CB150R ExMotion」のバリエーションモデルはコレだ!

タイで新発売された「CB150R ExMotion」を二度に渡ってご紹介しています。本車両をベースにした125モデルが、まさか世界戦略車的にグローバル展開されるとは……

 

Honda Monkey 125 & Super Cub 125

東京モーターショーで発表され、大いに注目を集めたのは2台のコンセプトモデル!

 

【東京モーターショー2017】デカい「モンキー125」と「スーパーカブ125」など東京モーターショーのホンダブースは原付が充実!

「モンキー125」&「スーパーカブ125」でした!特に前車は、大きくなった車体に驚かされた一方、それでもやはり出して欲しいなと思わされました。

 

次世代パワートレイン搭載の2モデル!

同じく東京モーターショーで世界初公開された2台のコンセプトモデルも、バッチリご紹介しています。

 

ハイブリッドとEV!次世代パワートレイン搭載ホンダ「PCX HYBRID」&「PCX ELECTRIC」を復習!

ハイブリッドシステム搭載の「PCX HYBRID」と電動スクーター「PCX ELECTRIC」です。

市販化も明言されていますから、今後の動向にも注目しましょう!

 

Honda Goldwing Tour / Goldwing

新開発の水平対向6気筒エンジンを搭載。車体回りも一新して登場した「Goldwing」&「Goldwing Tour」も東京モーターショーで世界初公開されました!

 

2018年に発売予定!ホンダ「Goldwing Tour」&「Goldwing」がグランドツアラーの価値を革新!

当サイトではエンジン単体写真を掲載しつつ、ディテールまで詳しくご紹介しています。

 

CB-Rシリーズがミラノショーで世界初公開!

【ミラノショー2017速報】ホンダがネイキッド攻勢!「CB1000R・CB300R・CB125R」は軽量ハイパワー!

ミラノショーでは、「CB1000R」、「CB300R」、「CB125R」が世界初公開されました!

軽量ハイパワーなネイキッドモデルということで、暫くホンダがグローバル展開してくれると思います。これまた今後注目のモデルでした。

 

Honda CB4 Interceptor

【ミラノショー2017情報】ホンダの直4カフェレーサー「CB4 Interceptor」はグルグル回るアレが自慢!

見事なカフェレーサースタイルと、意外な物体が自慢のコンセプトモデルもミラノショーで世界初公開されました!

 

悲喜こもごもの2017年でした!

いかがでしたでしょうか?ホンダが2017年に発表した新車&コンセプトモデルを駆け足で復習していみました。改めて見てみると、モンキーの話題が多かったような……

でも、50年間続いた伝統のモデルがアニバーサリーイヤーに生産終了、そして後継コンセプトモデルが発表されたのですから……興味ない方は、どうぞご容赦ください。

他方、国内販売が待たれていたニューモデルの投入があったり、未来のグローバル展開モデルが初登場したり、それに次世代パワートレイン搭載のシティコミューターが登場したりと、明るい話題も多いホンダの2017年でした。

2018年も私達を楽しませてくださいね!

 

参考-ホンダ
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。