イケメンかよ…!EVカフェレーサーがおしゃれすぎる件

惚れ惚れするデザイン。TarformのEVとは?

ブルックリンでお披露目されたTarform社によるEVバイク。こちらのEVカフェレーサーが圧倒的なミニマリスト情緒をブチかましています。

 

洗練された意匠、これぞカフェレーサー!

余分なデザインをそぎ落とし引き算の美」を演出するEVカフェ。モノサスにより脇が引き締まっていて、男らしいシングルのレザーシートがきらりと輝いています。

まさにカフェを語るにふさわしい弾丸デザインでしょう。

 

クシーでミニマルデザインなテールランプ。最近の流行も取り入れていますね。

 

ベゼルされたシックな丸形ディスプレイはおしゃれでキュートです。

 

スペックは全くの不明ですが、おそらく公開はそう遠い未来ではなさそうです。

 

気になるお値段は…?

こちらのEVカフェレーサー、予約版「Founders Edition」のお値段はなんと300万円!2019年にお届けされるそうです。2019年後半を目途に量産見込みのいわゆる「一般モデル」でも200万円だそうです。

 

非常に高価なお買い物ですが、老若男女ライダーノンライダー関わらずに「きれいだね」と言われるデザインなので、十分価値はあるのではないでしょうか。

 

参考-NEW ATLASHICONSUMPTION
ZANGE

ZANGE

海外で起きている様々な乗り物系ニュースを、日本の方にわかりやすく噛み砕いてお届けします。 好きな映画は「ダンケルク」「フューリー」「007シリーズ(ダニエル・クレイグ以降)」です。