世界限定750台!トライアンフ「スラクストンTFC」は入魂のファクトリーカスタム!

最近のトライアンフは好調なんでしょうね、先日は2019年発売予定のモデルとして、2台のスクランブラーをご紹介しました。

 

トライアンフ「スクランブラー1200」「ストリート スクランブラー」は兄弟なのに性格が違い過ぎる!

それが本気の「スクランブラー1200」と街乗りしたくなりそうな「ストリート スクランブラー」でした。

そのうえ先日、魅力的な限定モデルを発表したのです!そこで今回は、トライアンフ社曰く“史上最高に美しく、個性的かつ魅力的なモデルを目指した”ファクトリー・カスタム車、「スラクストン TFC」をご紹介してみましょう!

 

「スラクストン TFC」 はファクトリー・カスタム!

それがコチラ!同社のカフェレーサーモデル「スラクストン R」をベースに開発されたモデル。モデル名の「スラクストン TFC」の”TFC”はTriumph Factory Custom”の頭文字。ファクトリー・カスタム車なのであります。

スペックも仕上げも別次元なのが本モデルは、グローバルな盛り上がりをみせるカスタムシーンを強く意識し、その頂点を目指すべく、パフォーマンス、装備、テクノロジーにこだわり抜いて開発されました。

 

さて、そんな「スラクストン TFC」は世界限定750台の発売。ゴールドのディテールがあしらわれたプレミアムTFCロゴとインストゥルメントディスプレイ、そしてトップヨークにあるシリアルナンバー入りプラークを装備。オーナーには、トライアンフCEOのNick Bloorによるサインが入ったシリアルナンバーレター、個別のカスタムビルドブック、そして美しいバイクカバーが付属する、各車両固有のTFCハンドオーバーパックも提供されるそうです。プレミアム感の演出に余念がないですね。

 

もちろん車両そのものも、“カスタムフィニッシュ”と”ディテール”にコダワってデザインされています。その象徴は(後述しますが)ユニークで美しくデザインされたカーボン外装です。

その他の精巧なディテールとしては、TFCロゴがあしらわれた機械加工アルミビレットトップヨーク、プレミアムブラシ仕上げのニッケル合金ミラーセンター、ティントスクリーン、ステッチディテールを施した美しい本革シート、機械加工アルミビレットオイルフィルターキャップが含まれます。

 

スラクストン TFC のディテール

さて、本モデル最大の特徴は……ワンピース構造のカーボンコックピットフェアリングを筆頭とした、カーボン外装にあると言えましょう。

 

カーボン製パーツの採用は多岐に渡っておりまして、その他にも、ご覧のシートカウルのほか……

 

ヒールガード。それに……

 

何故かピントはメッツラーに行っていますが……サイレンサーエンドキャップもカーボン製品が採用されています(サイレンサー本体はVance & Hines製チタン)。フロントフェンダーもカーボンだそうです。カーボン外装だけでは、プレミアムと呼ぶには少々物足りない……ということ、もちろんエンジンにも手が加えられています。残念ながらパーツの写真は公開されていませんが……

軽量化されたエンジンコンポーネント、高圧縮ピストン、ポート改良とカムプロファイル変更を含む、大幅なエンジンアップグレードを実施。総排気量1,200ccのエンジンはベースモデルから最高出力が10PS向上しており、107PS @ 8,000rpmを発揮。最大トルクは115Nmです。

 

その他にも、ステッチディテールを施した美しい本革シートの採用や……

 

プレミアムブラックアルマイト加工が施されたマルチスポークホイールなど、ディテールに抜かりはありません!

 

機能パーツにも、もちろんハイグレードな製品群が採用されています。

例えば、前後足回りは、Öhlins製フルアジャスタブルNIX30倒立フロントフォークと、Öhlins製フルアジャスタブルピギーバッグリザーバーリアショック(機械加工アルミビレットアジャスター付き)の組み合わせ。前ブレーキは、Brembo製4ピストンM4.34ラジアルモノブロックキャリパーとBrembo製ツインフローティングフロントディスクの組み合わせ、といった具合です。

スラクストン TFC は日本でも発売される!

如何でしょうか?今回は、トライアンフのファクトリーカスタム車、「スラクストン TFC」をご紹介してみました。

世界限定750台の本モデルですが、日本でも発売されます!希望小売価格は250万円です。欲しい方、急ぎ公式サイトより事前予約しちゃってください!

 

参考-トライアンフ