コレ最高!ついに自立したトリシティ300をざっくり試乗レビュー

バイクはバランスを崩すと転んでしまう乗り物。

そんな誰もが疑わない事実に立ち向かうべく「転ばないバイク」を目指したのがヤマハのLMWです。その中でも最新作の「トリシティ300」は随一の完成度となっています。果たして転ばないバイクの秘策とは?

 

ヤマハ独自の3輪バイク「LMW」

まず、LMWについて振り返っておきましょう。「リーニング・マルチ・ホイール」の略称で、ヤマハが打ち出しているフロント2輪リア1輪の3輪バイクの総称なんです!

 

フロント2輪の圧倒的な安定感が持ち味で、特に低速時やコーナリングでその恩恵を感じることができます。

ちなみにあくまでバイクの延長線上にあるマシンなので、コーナリングの際はきちんと車体を傾ける必要アリ。見た目に反して、乗り味はバイクそのものなんです。

 

自立機能を備えたLMWの最新モデル

トリシティ300はトリシティ125・155、そしてNIKENに次ぐLWMの最新モデルとして、2020年9月に颯爽とデビューしました!最大の特長はスタンドをかけずともバイクが自立する「スタンディングアシスト」で、専用のブレーキキャリパーを電子的にロックすることで実現しています。

 

時速10km以下かつアクセルを閉じた状態でのみ使用可能で、ハンドル左後ろにある専用スイッチを押すことでON、2回押し又はアクセルONでOFFにすることができます。

 

余裕ある排気量と快適装備でツーリングでも使えるマシン

トリシティ300は日本の免許制度ではいまいちメリットが見出せない、292ccの単気筒エンジンを搭載していていますが、これは3輪バイクであることを考慮した上でのチョイス。大柄な車体でもストレスなく走れる快適性を重視しているんです。

LMWは構造上どうしても重くなりがちです。トリシティ300に至っては237kgもありますし、仮に250ccのエンジンだと非力に感じてしまうかもしれませんし、400ccだとかえって重さが気になるかもしれませんね。

 

ただでさえ安定感の高い3輪仕様をさらに完成させているのが、タイヤの空転を防ぐ「トラクションコントール」の装備。どんな路面状況でも安心してアクセルを開けることができます。

また、タイプ的にはスクーターに分類されるマシンですが、傾斜のある場所でも安心して駐輪できる「パーキングブレーキ」を装備しており、電子機器の充電に便利な「DCコネクタ」も標準装備されています。

こうした充実した装備の数々を見ていると、街乗りからツーリングユースも視野に入れたマシンとして設計されていることがうかがえます。

 

リアシートには大型のグラブバーが装備されており、タンデムライドも快適にこなせます。しかも、スタンディングアシストをONにすればタンデマーだって不安なく乗車可能です!

 

足つきはちょっと難アリ

トリシティ300のシート高は795mmとなっており、数値的にはそれほどハードではありませんが、シートの幅が広く足つきは良好とはいえません。

身長173cmの著者でも、両足の半分が設置する程度。察するに、160cm台後半でつま先、前半だと片足しか地面につかない可能性があります。

 

プラスして言えば先に説明したように車重が237kgもあるので、慣れないうちはストップアンドゴーが多い街乗りでは若干不安を感じてしまいそうです。しかし、そんな時こそスタンディングアシストの出番。実際に試乗した模様をご覧ください!

 

スタンディングアシストの完成度の高さに驚き

試乗ではとにかくスタンディングアシストを試したかったので、信号待ちで意を決してONにしてみたところ、「ピー!」という大きな起動音が。その後、意を決して地面から足を離してもまったくバイクが倒れなかったのです。これは便利!

解除もラクラク。青信号でアクセルを開けるとなんの抵抗もなくOFFになり、そのまま普通に走り出せたくらいです。

 

正直足つきの悪さと車重があるので、普通に考えると乗り手を選ぶバイクといえますが、停車時のスタンディングアシストさえ心がければ、その敷居はグッと下がります。誰でも乗りこなせるポテンシャルを秘めていると感じました。

ただし傾斜のある場所でのスタンディングアシストの使用は要注意です。解除した瞬間に車体がグラっとくる場合があるので、あくまで平坦な場所で使用する必要があります。

 

走りに関しては至って快適の一言で、良くできたスクリーンのおかげで風がほとんど当たらないですし、エンジンは低速から扱いやすく、坂道でもグイグイ登っていくとほどトルクフルです!

そして何よりLWMの真骨頂、どんなシーンでもフロント2輪の安定感を常に感じるので、運転中にヒヤッとすることは一切ありませんでした。

 

停車時も走行時も感じられる圧倒的安定感は、まさに「転ばないバイク」という理想を形にしたもの。LMWの進化が感じられる一台でした。

 

新しいもの好きなバイカーには堪らない

「フロントタイヤが2つ」「バイクが自立する」。この2つのワードを聞いただけでビビッとくる新しもの好きなバイカーなら、きっとどのバイクよりもトリシティ300は魅力的なマシンとなることでしょう。

特にスタンディングアシストはぜひ試してみてほしいところ。きっと驚きますよ!

ヤマハ発動機株式会社

公式サイト

さすライダー

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。