【独断】原点にして最新鋭!トラディショナルなカスタムトライアンフバイク5選!【偏見】

さて、毎度好評につきましてなんと第5弾にまで達してしまった「メーカー別カスタムバイク紹介」シリーズですが、今回ご紹介いたしますのはカスタム界の王道にして不動のテーマ「Triumph」です!

 

原型から辿るとおよそ130年以上もの歴史を誇るバイクメーカーで、今も現役でさまざまな映画にも登場するくらいの人気を誇ります。今日はそんなトライアンフの劇的なカスタムを独断と偏見で5つほどご紹介していきたいと思います。

 

Triumph T140「TTT」 by Deus Ex Machina

まずはもちろん外せない「Deus Ex Machina」によるエレガントなT140ボンネビルのカスタム「TTT」からご紹介します。まるで芸術品のように磨かれ、黄金比の美を秘めたT140はもはや絵画のような気品をかもし出しています。

もとのデザインからはだいぶ離れていますが、このカスタムはすでに一つの世界観として独立していて、まるで最初からこのデザインになるべくして生まれてきたかのように見えます。

 

印象が大きく変わって見えるのはやはり、角ばった大型のタンクブリヂストン製BT45タイヤを履いたチューブレススポークホイールによるものでしょうか。

Ohilins製のフォークが力強いアクセントになっていますね、元より低めにつけられたヘッドライトと相まってだいぶ低姿勢に見えます。

 

ミニマイズデザインなカーボンファイバー製フロントフェンダーと、セパハンにつけられたバーエンドウィンカーがとてもレーシーで軽やかです。

エンジンやタンクはピッカピカに磨かれてまるで高級調度品のようですね。

 

屋内にインテリアとして佇むのもとても様になっています、というか見るからに室内展示用ですね。バイクを走らせない、というのは胸がチクリとしますが懇切丁寧に磨かれたボディに小石で傷がついたら気が気でないでしょうね。

 

Triumph Speed Triple「Ghost」by Smoked Garage

まるでジェットエンジンを積んでるかのようなデザインをしたこちらのスピードトリプルのカスタムは「Smoked Garage」が手がけた「Ghost」です。

ロケットカウルエアインテークが明らかに速そうな印象を与えてくれますね、まるで弾丸です。

 

ロータスCO-1のコンセプトにインスパイアされているのが明確に伝わってきますね。フォークカバーといい、オリジナルカウルのインテークデザインといい、電飾の配置といい、こだわり抜いた意匠がビシバシ伝わってきます。

 

ブレンボ製のブレーキシステムとピレリ製のタイヤが何気ないオシャレ感をかもし出していますね。スイングアームやホイールもしっかりとイメージの統一がされているようで、非常に完成度が高いです。

 

その名の通り、まるで幽霊がごとくヌッと出現しては抜き去っていきそうなカスタムバイクですね!うるさすぎないデカールデザインも爽やかで素敵です!