キャンプバイカー必見!キャンプ場近辺でうまい飯屋を探す5つの極意

突然ですが、あなたはキャンプ場でご飯を作る派ですか?それともコンビニで調達する派ですか?

もちろん王道はキャンプ飯を自炊することですが、そもそも調理するのが面倒だし、後片付けはもっと面倒。だからといってコンビニ飯は味気ないし……

手軽で満足のいく食事にありつきたいと思うなら、やっぱり周辺でうまい店を探すのが一番です。

 

でも、初めていく土地では何を基準に選んでいいかわからないのも実際のところ。そこで今回は日本全国を旅する中で筆者が培った「穴場」を見つけるためのノウハウを伝授しちゃいます。読み終わるころにはあなたも「絶品飯ハンター」になっているかも⁉︎

 

とりあえずググる「Google先生に聞く」

「OK Google(Siri)、おいしいお店教えて」なんて聞くだけでも情報が出てくる現在、まずはスマートフォンでキャンプ場周辺のうまい飯屋をググるのは定番です

位置情報の許可をONにしておけば「うまい飯屋」と検索しただけで、自動的に周辺の店がリストアップされます。あとはそこから好みの店を選ぶだけ。ありがたいことに営業時間やおすすめメニューまで教えてくれるので、本当にGoogle先生は有能ですよね。

 

なお検索結果としては、グルメサイトのおすすめやユーザーレビューが主です。そこから信頼のできる情報を見出すには一手間必要で「(気になったお店の名前) ブログ」で検索し直してみてください。実際にそこに行った方のブログやSNSが見つかって、とても参考になります。

 

地元のおばちゃんの情報網「周辺のコンビニで聞く」

キャンプ場があるような自然豊かな地域のコンビニでは、高確率で地元のおばちゃんが店員を努めています。特に狙い目は地域密着型の「ご当地コンビニ」。さすがに世界を股にかけるGoogle先生でも、地元のおばちゃんの実体験と口コミベースのディープな情報網には勝てません。

荷物満載のバイクを駐車場に停めて、ヘルメットを持って店内に入れば、会計の時にきっと「どこから来たの?」と聞かれるので、その時がチャンスです!きっと地元の人しか知らないようなB級感満載の「濃い」うまい飯屋を教えてくれます。

 

バイカーの集まる店にハズレなし「バイクが停まってる飯屋に入る」

キャンプ場までの道のりで、バイクが停まっているお店を見かけたら、きっとそれはうまい飯屋に違いありません!何故ならバイカーの食に対するこだわりは人一倍強く「うまいものを食べるためにツーリングしている」と断言するツワモノもいるほどです。

実際バイク雑誌では結構な頻度で「ご当地グルメ特集」をやっていますし、個人のブログでも「ツーリング先のうまい飯屋」は定番の話題ですよね。彼らの経験値はかなりアテになりますよ。事前に目的地をベースに活動しているブロガーを見つけて、その人のオススメを調べておくのもまた一つの手かもしれません。

 

生ける地元のガイドブック「キャンプ場の受付で聞く」

キャンプ場の受付スタッフは周辺スポット情報のスペシャリスト、つまり「生けるガイドブック」です!近くに温泉はありますか?スーパーやコンビニは?おすすめの観光スポットは?などなど、日常的にキャンパーの質問に答えています。

ましてや周辺のうまい飯屋の情報なんて、最もよく聞かれることの一つなので、予想以上に沢山教えてもらって選ぶのに苦労する……かもしれないですよ?

ちなみにさりげなく「バイクで遠くから来たことをアピール」すると、普段は教えてくれない穴場のうまい飯屋を教えてくれることも多いです。

 

うまい飯屋までマスツー?「他のバイクキャンパーに聞く」

キャンプ場で自分の他にバイクキャンパーを見かけたら、思わず話しかけてしまうのがバイカーのサガですよね。そして相手も「周辺のうまい飯屋を探す派」なら、これはラッキパターンの到来です!

お互い初めての場所なら一緒にうまい飯屋を探す、相手が猛者なら素直に教えてもらっちゃいましょう。しかも「じゃ〜一緒に行きますか!」と自然な流れでマスツーに発展する確率が高く、新たなバイカー仲間が増えて一石二鳥です

 

うまい飯屋を探すのは楽しい!

周辺のうまい飯屋探しもまたキャンプの醍醐味。仮にイマイチな飯屋に当たってしまったとしても、それもまた良い思い出になります。

とにかくスマホは便利ですが結局は現地で聞いてみたり、バイカー同士の口コミが一番参考になります!旅はアナログな情報にこそ価値があるものです。

さすライダー

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。