大事なのは防風?防水?冬のバイク用アウターを選ぶときに気を付けたい事

寒い冬でもバイクで楽しく遊ぶ為には、優れた防寒性能を持つ冬のバイク用アウターを選ぶ事が大切です。

 

アウターの防寒性能を見極めるためには、特に「防水透湿性・防風性・隙間風の侵入を防ぐ」の3点に気をつけて選ぶべきで、この3点を抑えてあるアウターは基本的に暖かく快適なものが多いです。

冬でもバイクライフを楽しく快適に楽しむ為に、上記3点の冬のバイク用アウター選びのポイントについて解説していきます。

 

冬のバイク用アウターの「防水透湿性能」をチェック

シーズンが夏であろうが冬であろうが、アウターの防水性能がライダーにとってマストな性能であることは説明不要ですが、アウターの「透湿性」の重要さはあまり認識されていません。

 

実は人間が1日で掻く汗の量は想像以上に多いもので、気温が高い夏はもちろん冬でも大量の汗を掻く事があります(目に見えない無意識下の汗)そんな時に機密性の高い冬のバイク用アウターを着用していると、アウターの内部があっという間にムレてきてしまい、そのムレが外気で冷やされ次第に体が冷えてしまう結果となります。

 

上記の理由から、冬のバイク用アウターでは防水性はもちろんのこと、どれだけ水分を発散出来るかの「透湿性」も視野に入れて選ぶ事が非常に重要なポイントです!

 

一般的に防水透湿性に優れた素材と言えば「ゴアテックス」が最も有名で、各バイクアパレルメーカーのフラグシップアウターに採用されている事が多いです。しかし、ゴアテックス採用モデルは全体的に高価な傾向にあるので、各メーカーのオリジナル防水透湿素材を採用したアウターもオススメです。

 

冬のバイク用アウターの「防風性能」をチェック

冬のバイク用アウター選びにおいて、最も重視すべきポイントはズバリ「防風性能」です!何故なら、仮に電熱ベストでいかにライダーの体を温めても、高性能な保温インナーを着用していたとしても、冬の凍てつくような走行風をまともに浴びてしまっては無意味だからです。

 

むしろ、仮にアウターの一切の防寒性能を取り除いたとしても、ライダーが寒風さえ浴びなければ急激に体温が下がることはありません。主なアウターの防風素材としては、ゴアテックスの防風バージョン「ゴアウインドストッパー」などの素材があるので、冬のバイク用アウター選びの際の参考にしてみましょう。

 

なお、手持ちのアウターの防風性能がイマイチな場合は、なるべく防風性能の高いインナーをレイヤードすることを心がけましょう。

 

冬のバイク用アウターの「隙間風の防止機能」をチェック

冬の冷たい風は容赦なくライダーを襲ってくるもので、例えばグローブとアウターの間の隙間や、アウターの下から吹き上げて入ってきたりする場合があります。これらはせっかく高性能なアウターを着ていたとしても、ライダーの体が急激に冷えてしまう結果となります。

 

なので、これらの冷たい隙間風の侵入を防ぐ為に、アウターの袖口にハーフグローブのような防風機能が備わっている「グローブカフ」や、下半身からの吹き上げ風をシャットアウトする「ストームガード(腹巻のようなもの)」が備わっているアウターを選ぶと、さらに完璧な防寒性能を得る事が出来ます!

 

なお、ストームガードに関しては単品でもバイク用品店などで販売しているので、今使っている冬のバイク用アウターに組み合わせて使う方法もオススメです。

 

今回のまとめ

冬のライディングはどうにも億劫になってしまいがちですが、今回解説した防寒性能のポイントを網羅しているアウターを選べば快適に楽しむ事が出来ます!

冬もバイクを楽しむ事が出来れば、あなたから「シーズンオフ」はなくなります。