fbpx

いわばバイクのSUV!ホンダ「X-ADV」に試乗してみた

ホンダから2017年に発売された「X-ADV」は、スポーツバイクでなければスクーターでもない、全く新しいジャンルのバイクとして注目を集めました。そのあまりに斬新すぎるコンセプトから、「気にはなるんだけど……」とちょっと敬遠されがちなマシンだったりします。

実際のところはどうなのか、試乗してきたので、早速乗り味などをレポートしていきましょう!

 

X-ADVは「バイク版SUV」

ホンダはX-ADVを日常でもツーリングでも快適に使える「新しいアドベンチャーモデル」として位置付けていますが、このコンセプトはクルマでいうところの「SUV」に近いものがあります。

見た目と乗車ポジションとしてはビッグスクーターに近く、シート下にはラゲッジスペースもあるので、日常の使い勝手が非常に良いマシンです。しかし、ホンダが誇る自動変速機「DCT」と力強い750ccのエンジンを搭載しているので、走行感覚はスクーターというよりも、スポーツバイクのそれと同じといっても過言ではないほど軽快です!

 

しかもアドベンチャーバイクのようなスポークホイールにブロックパターンのタイヤを履いているので、その気になればちょっとした林道も楽しめるスペックも秘めています!

このようにシティコミューターとしての使いやすさも、どんな道でも走破できる懐の深さも備えているX-ADVは「バイク版SUV」と表現した方がしっくりと来ます。

 

スマートキーをはじめとして最新の装備が満載

X-ADVにまたがると、まるでSF映画のコックピットのようなカッコいい液晶ディスプレイに目を惹かれます!視認性も非常に良く、多機能なX-ADVの状態を一目で確認することができます。

 

鍵は物理キーではなくスマートキー。バッグやポケットなどに入れた状態で、メインスイッチのダイヤルとボタン操作だけでハンドルロック・シートの開閉・エンジンの始動と停止が可能です。正直これがあまりに快適で、一度使うと物理キーの使用が億劫になってしまうほどです。

 

足回りはフロント17インチ、リア15インチのスポークホイールにブロックパターンのタイヤを履いており、道を選ばない走破性に大きく貢献しています。

ブレーキは前後ともにディスクブレーキを採用しており、特にフロントはABS付きのダブルディスクというまるでスーパースポーツ並みの構成に驚きます!

 

ライトやウインカーといった灯火類は全てLEDを採用していて非常に近代的。特にヘッドライトは夜間走行が快適になるほどの強力な明るさを誇っています!

 

最大5段階に調整できる大型スクリーンを装備しており、工具不要で高さを設定することができます。ちなみに一番高い位置に設定すると、ほぼ走行風を感じなくなるので、スピード域が高い場所でも快適です!

 

シート下のラゲッジスペースは21Lの容量を確保しており、形状によりますがフルフェイスヘルメットの収納も可能です。フロント側にはETCとDCコネクタが装備されており、ここでガジェットの充電だってできちゃいます。

 

見た目より良好な足つき

X-ADVのシート高は790mmで、この手のバイクとしては平均的な数値です。しかし、大柄な見た目と太めのシート幅から察するに「絶対に足つきが悪い」と思っていたのですが、身長173cmの筆者でも、実際に跨ると両足がベッタベタで驚きました!身長が160cm以上あれば、特に不安なく乗ることができそうです。

 

ちなみに著者は体重52kgとライト級なこともあり、足つきが良くても車重238kgの巨体を支え切れるか不安でしたが、全く重さを感じることはありませんでした。至って低重心な設計になっているおかげといえそうです。

 

DCTが生み出すスムーズな走り

X-ADVはスクーターのような無段変速ではなく、きちんと「ギアチェンジ」をしながら走るバイクです。ただしバイカーが操作をする必要はなく、DCTが自動的に変速してくれます!

DCTとは「デュアル・クラッチ・トランスミッション」のことで、ホンダが独自に開発した自動ギアチェンジシステムのことです。アフリカツインやNCシリーズにも搭載されているDCTは、まるで運転の上手い人が代わりに操作してくれるかのように、状況に応じて的確なギアチェンジをしてくれます。

 

操作としてはエンジンがかかっている状態で、ハンドル右にある「Dボタン」を押すとDCTが起動するので、あとはアクセルを開けるだけで走り出します。

速度を上げていくと自動的に「ガチャンガチャン」とギアを上げてくれる感覚に、最初は戸惑うかもしれません。でもへたに人間がやるより遥かにスムーズな加減速をしてくれるんです!

 

DCTのありがたみを一番感じるシーンとしては、ストップアンドゴーの多い市街地走行で、クラッチレスはとにかく快適!これなら出会いたくはない渋滞でも疲れ知らずです。

 

ワイディングではカーブ手前で減速するとDCTが自動的にギアを落としてくれるので、バイカーはアクセルとブレーキだけに集中することができます。はじめはギア操作がないと面白くないのでは?と思っていましたが、それは全くの見当違いでした。

 

むしろやるべき操作が少なくなったおかげで、いつもよりコーナリングに集中できていたくらいです!実はマニュアルでもギアチェンジができるのですが、ほとんどの場合は「今ギアを上げよう・落とそう」と思った瞬間に、既にDCTがやってくれている場合が多いんです。

 

マニュアルでギアチェンジがしたい場合は、ハンドルに左に「プラス・マイナスボタン」があるので、それを押すと任意のタイミングでシフトアップ・ダウンできます。マニュアルの場合もほぼチェンジショックがなく快適そのものです!

 

バイクの未来を体験したいバイカーにピッタリ

正直はじめは違和感ばかりで「大丈夫かな?」と不安に陥りましたが、しばらく乗るとその不安は一気に吹っ飛びました!

他と被らない唯一無二の近未来的スタイリング、DCTのスムーズかつ先進的な走行性能、充実の各種装備類など、決して大袈裟ではなく「バイクの未来」を体験できるマシンだと断言できます!

 

百聞は一見に、一見は一験にしかず。気になっているバイカーは、とりあえず試乗してみましょう。新感覚のライディングがあなたを待っていますよ。

本田技研工業株式会社

公式サイト

さすライダー

バイクで日本2周、オーストラリア1周済みの、放浪系ライダー&ライターです。愛車のR1200GSに、MacBookを積んで走ってます。