【インターモト2018情報】コレはスズキ虐め!? ヤマハ「YZF-R125」が発表されたぞ!

125ccクラスのスーパースポーツモデルと言えば、スズキ「GSX-R125」が嚆矢なわけです。ところが……

 

ヤマハ「YZF-R125」が世界初公開!

どど~ん!ヤマハが「YZF-R125」をヨーロッパで発表したのであります!

 

モデル名と、このエクステリアからお分かり頂ける通り、125ccのスーパースポーツモデルです。

 

まぁ良くできていますよね、確かに……

 

販売目標が謙虚すぎる!クラス唯一のスーパースポーツ、スズキ「GSX-R125」に注目すべし!

この「YZF-R125」は、ニッチな125ccスーパースポーツモデルとして国内導入されているスズキ「GSX-R125」の、ガチンコのライバルとなるワケです。

パイセンであり勇敢に打って出たスズキ「GSX-R125」の国内における年間販売目標は、僅か300台と発表されておりまして、日本中の鈴菌さんをウロタエさせたわけです。そんな狭いところにあんた、ヤマハともあろう者が、後追いします?

こりゃ正直、スズキ虐めでしょ!

 

しかもですよ……実は「GSX-R125」も同じようなもんですけど、入魂の新開発モデルというワケではなくて、既に東南アジア方面で大人気の「YZF-R150」の焼き直し。早い話、大して手間も掛かっていないワケですよ。

逆に言うと、125ccスーパースポーツモデルは、グローバルには需要があるのでしょうね。それをスズキが証明して見せてしまったのです。

 

で、今のところ欧州向けモデルとして発表されておりますが、恐らくきっと……日本にも導入されるはずです。なんだかな~

 

ヤマハさん、もう少し真面目にやってくれや!

なぜ誰も怒らない?ヤマハ「SEROW250」が生産終了から1年たらずで復活する件

デビュー40周年にヤマハ「SR400」が復活!みなさん納得できましたか?

最近のヤマハさん、ちょっと冗談が過ぎるのではないか、と思うわけですよ。(もちろん「NIKEN」は良しですが……)それ以外のニューモデルは、排ガス規制を理由に一旦終売にしたモデルを復活させるばかりです。

「国内125cc市場が活性化する」、「125ccモデルの可能性が見えた!」みたいなトンマなことを大手メディアさんは言っていますが「ヨイショしてんじゃね~よ!」と叱り飛ばしてやりたい気分です。

筆者的には……非常に残念なニューモデルと断言しておきます。

 

参考-ヤマハ(ヨーロッパ)
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。