スマホナビはもう不要!ホンダ ゴールドウイングがAndroid Autoに対応

ホンダ「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズが「Android Auto」に対応しました。現行ゴールドウイングシリーズ(型式:2BL-SC79/SC79)であれば、Android™端末を持つユーザーも音楽再生やナビゲーション機能、通話・メッセージ機能などシームレスにつながる各種アプリケーションサービスが利用可能です。

ゴールドウイングは、1975年にアメリカでゴールドウイングGL1000を発売して以来、40年以上にわたりHondaのフラッグシップモデルとして進化してきました。
北米を皮切りに2017年10月よりフルモデルチェンジし、Apple CarPlayを二輪車として初採用。快適なライディングをアシストするナビゲーション機能をはじめ、アプリケーションに特化したサービスを備えることで多くのユーザーから好評を得てきています。

 

Android Autoは、シンプルなインターフェイスと音声入力機能を通じて、ライダーが運転への集中を保てるよう設計されています。Googleアシスタントの使用により、運転中にハンドルバーから手を離すことなく、お気に入りの音楽、メディア、またはメッセージアプリへ簡単にアクセスできます。

 

日本国内では2020年6月15日より、ソフトウェアの更新方法がホームページで案内される予定。Android Autoの詳細な情報については、公式サイトから確認できます。

 

本田技研工業株式会社

〒107-8556
東京都港区南青山2-1-1
TEL. 03-3423-1111(代表)

公式サイト