電動3輪バイクが全国へ。マックデリバリーサービスに本格導入開始

日本マクドナルド株式会社が、「マックデリバリーサービス」の 宅配バイクとして、aidea社製「電動3輪バイク」の本格導入を2020年10月より開始します。2020年10月中に44店舗で約100台を導入し、年内には約120店舗・約320台へと拡大予定です。
電動3輪バイクが全国へ。マックデリバリーサービスに本格導入開始

利便性と環境性を重視した電動3輪バイク

マックデリバリー aidea 電動3輪バイク

「マックデリバリーサービス」は、マクドナルドの“いつものおいしさ”をご自宅やオフィスにマクドナルドのクルーが届ける、 マクドナルド独自の宅配サービスです。2010年の初導入以降、対象エリアを順次拡大しており、直近では10月1日より 新たに石川県でもサービス開始するなど、1都1道2府30県、600店舗(10月5日時点)で展開しています。

 

マックデリバリー aidea 電動3輪バイク
そしてこのたび、「マックデリバリーサービス」の宅配バイクとして、モビリティブランドのaidea社製「電動3輪バイク」が本格導入されます。同バイクは、2020年5月より神奈川県で、7月より東京都で、それぞれ一部店舗にてテスト導入しており、 走行性能や安全性の検証を経て、本格的に導入することとなりました。

2020年10月中に44店舗で約100台を導入し、年内には約120店舗・約320台へと拡大予定です。 デリバリー需要の高まりに併せて拡大中の「マックデリバリーサービス」における電動3輪バイクの導入は、マクドナルドとしての持続可能な社会の実現に向けた活動の一環とされており、環境への配慮と社会にやさしいモビリティとしての役割を担うとしています。

 

環境への配慮

ガソリンエンジンのバイクが1年間に排出するCO2の量は1台当たり約1.1tになり、走行時にCO2を排出しない電動バイクは、地球温暖化を抑制し豊かな未来を実現するための第一歩といえます。

 

社会にやさしい

マックデリバリー aidea 電動3輪バイク
電動バイクには、エンジンバイクのような大きな始動音はもちろん、アイドリング中のエンジン音もありません。また、排気ガスを出さず匂いも少ないのが特長です。

また、このほかにも持続可能な社会の実現に向けた取り組み“Scale for Good(スケール・フォー・グッド)”の活動を展開していますが、その中の「環境負荷軽減」を目指す分野では、店舗照明をLED照明へ順次切り替えたり、一部物流において 鉄道輸送へのモーダルシフトや他業種と協業して共同輸送を実施するなど、様々な活動を行っています。

「マックデリバリーサービス」とは

「マックデリバリーサービス」は、マクドナルドの“いつものおいしさ”をご自宅やオフィスに届ける、マクドナルド独自の宅配サービスです。
「いつでもどこでもマクドナルドのお店と同じ品質をお届けしたい」という想いから、専用バイクと保温/保冷ができる専用のバッグで迅速に届けます。ランチやディナーとしての利用はもちろん、朝マック※にも対応。

※朝マック販売店舗のみ/朝マックは10時30分まで

 

2010年の初導入から今年で10年となり、対象店舗は 全国で600店舗となりました(2020年10月5日現在)。 利用客からは「徒歩圏内にマクドナルドがないので、とても便利」「マクドナルドのクルーが届けてくれるので安心」「商品もおいしく、届けてくれた方のスマイルが良かった」「自宅までマクドナルドの雰囲気を運んでくれる」 といった声も多く、好評となっています。

サービス概要

・サービス名: マックデリバリーサービス
・対象店舗数: 600店舗
・展開地域: 34都道府県
(北海道、宮城県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、 長野県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、 岡山県、広島県、山口県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、 大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)
※記載エリア内の一部地域
・利用条件: 1500円(税込)以上のご購入+デリバリー料300円(税込)
※7時00分~10時30分の朝マック時間帯は1,000円(税込)以上
・注文方法: アプリ、Web、電話

※2020年10月5日現在の情報
McDonald's Japan

公式サイト

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!