クルマを+1オフィスにする4つのテクニックを日産が公開

新型コロナウイルスの影響で長期化する在宅勤務やリモートワーク。すでに推奨から2ヶ月が経過する現状を憂い、日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、以下日産)は、クルマを所有する家庭に向けて、車内をもう1つの仕事部屋として安全・快適に活用するためのテクニックをまとめたサイト「#OneMoreRoom(ワンモアルーム、以下省略)」を公開しました。 「#OneMoreRoom」は、クルマの中で快適に仕事をするための4つのテクニックとして、身近にあるものを使ってクルマをオフィスにするためのテクニックや、長時間車内で過ごす際の注意点を専門家の監修を基にまとめられています。

現在は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、残念ながらクルマでの遠出など楽しいお出かけをおすすめできる状況ではありません。その一方で、外出制限がはじまり約2ヶ月が経過、在宅勤務やリモートワークなどの推奨が続く中、プライベートな空間を確保するためにクルマの中で仕事をするというシーンが登場し始めています。

 

これらの状況を踏まえ、日産は家の中では確保できない個人の空間としてクルマの中を、安全・快適に仕事部屋として活用するために役立つ情報を公開し、自粛が続く時期においても負担なく過ごせるようサポートしたいとしています。

 

本日から公開された特設サイトでは、クルマで仕事をする際の注意点を、様々な分野の専門家のアドバイスやアイデアを元に4つのテクニックとして紹介しています。ダンボールものづくりの専門家であるチャッピー岡本さんが「ダンボールでつくるハンドルデスク」を、数多くの車中泊を行う車旅専門家の稲垣朝則さんが「車内で快適に過ごすための工夫」を、公衆衛生専門家の小橋元先生が「クルマで仕事をする際の公衆衛生観点における注意点」をそれぞれ監修しています。

日産は、本施策はクルマでの勤務推奨ではないとしています。在宅勤務を行う一つの方法としてクルマがあり、活用する際のテクニックとしての閲覧を想定しているとのことです。

※もちろん実践するにしても、ガレージなど密閉空間でのアイドリングは危険。アイドリングストップをするか、エンジンを停止してください。

「#OneMoreRoom」特設サイトはこちら

 

「#OneMoreRoom」4つのテクニック

クルマで快適に仕事をするためのテクニックや、衛生管理面における注意点をまとめています。

 

ダンボールハンドルデスク

家の余ったダンボール数枚で、クルマで作業可能なPC用デスクが制作できます。

 

料理用ボウルWi-Fiアンテナ

家庭にある料理用のボウルで、Wi-Fiの速度がアップします。
※電波の強化を担保するものではありません。

 

古着リユースクッション

不要な古着とポリ袋だけで、背もたれのクッションが作れます。

 

エコノミークラス症候群対策ストレッチ

クルマの中で簡単にできるストレッチ方法を6つまとめています。

 

<ダンボールでつくるハンドルデスクのハウツー>

ダンボールものづくりの専門家 チャッピー岡本さん監修による、ダンボールハンドルデスクの設計図と作り方が公開されています。
ダンボールで簡易的に作成できる、ハンドルデスクのハウツー動画と設計図を公開されています。必要なのはダンボール(540mm×400mm 1枚, 270mm×400mm 1枚)とカッター、定規、ペン、ガムテープ、両面テープだけです。

 

<衛生管理面のアドバイス>

公衆衛生専門家 小橋先生監修による、クルマで仕事を行う際の注意点がまとめられています。

(注意点)
・車内で仕事をする場合は、開始前と開始後に手洗い、うがい、消毒を忘れないようにしましょう。
・様々な場所に触れる可能性がありますので、車内作業中は目や口などに触れないように気をつけましょう。
・車内の酸素が薄くならないためにも、エアコンよりもまず換気で温度調整をしましょう
・熱中症予防のための車内温度調節とこまめな水分補給も忘れないようにしてください。
・ガレージに駐車している場合は、エンジン使用による一酸化炭素中毒にご注意を。

 

日産自動車株式会社

神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号

「#OneMoreRoom」特設サイト