fbpx

ハイブリッドも続投!新型「PCX」「PCX160」「PCX e:HEV」をホンダが発売

ホンダが、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター「PCX」シリーズをフルモデルチェンジ。新型「PCX」「PCX160」「PCX e:HEV(イーエイチイーブイ)」※1の3モデルを、2021年1月28日(木)から発売します。

トルクコントロールも新たに搭載

ホンダ PCX

PCXは、軽快なハンドリングと日常での取り回しやすさを追求した新設計フレームに、出力向上とさらなる低燃費を実現した、新設計の水冷4ストローク4バルブ・124cc単気筒エンジン「eSP+(イーエスピープラス)」※2を搭載。

前後輪ディスクブレーキにフロントのみ作動する1チャンネルABS※3を標準装備するとともに、スリップしやすい路面での安心感に寄与する、ホンダ・セレクタブル・トルクコントロール※4を新たに採用するなど、上質な走りと優れた環境性を高次元で両立させた原付二種スクーターです。

 

さらに、日常での使い勝手により配慮し、容量拡大を図ったラゲッジボックスの採用や、携帯端末の充電などに便利な「USBソケット」※5を標準装備するなど、使い勝手の良い装備をより充実させています。

 

ホンダ PCX160

PCX160は、PCXをベースに、エンジン排気量を156ccへ拡大することで、より力強く、快適な走行性能を実現。市街地の走行から、高速道路を経由した通勤や郊外へのツーリングまで、幅広い走行シチュエーションで余裕と充実の走りを提供する、軽二輪スクーターです。

 

ホンダ e:HEV

PCX e:HEVは、PCXをベースに、高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジンの始動や発電を担っているACGスターター(モーター)に駆動アシストの機能を追加させた、ハイブリッドシステムを採用する原付二種スクーターです。

出力向上を図った新設計エンジン「eSP+」にモーターによるアシストを組み合わせることで、低回転域でのトルク向上を図り、機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を、静粛性などの上質感を保ちながら実現しています。

 

※1 PCX e:HEVは「Honda 二輪EV取扱店」での取り扱いとなります
※2 環境対応型コミューター用エンジン“eSP”に付加価値技術を採用することで、高い環境性能だけでなく、出力の向上と、フリクションの低減を実現し、高出力と優れた環境性能を併せ持つ新世代環境対応型コミューター用エンジンの総称です。eSP: enhanced(強化された) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略です
※3 ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナー等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます。
※4 Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがって、ホンダ・セレクタブル・トルクコントロールを装備していない車両と同様に無理な運転までは対応できません。
※5 表裏問わず挿入可能なTYPE-Cコネクタ

 

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

 

PCX/PCX160/PCX e:HEVの主な特徴

高出力と環境性能を両立させた新設計エンジン「eSP+」

  • 動弁機構を4バルブ化することでバルブ面積を拡大させ、混合気の吸気効率と燃焼ガスの排気効率を高めることで高出力化を達成。さらに、シリンダー内径×行程のショートストローク化による摺動抵抗の低減と圧縮比を高めたほか、ピストン裏側へのエンジンオイルを噴射し、効率的な冷却と点火時期の進角化を可能とするピストンオイルジェットの採用などにより出力向上に寄与させています。
  • 油圧式カムチェーンテンショナーリフターを採用することで、フリクション低減と、騒音、振動の抑制を両立させています。
  • エアクリーナーからインレットパイプまでの吸気経路を拡大するとともに、スロットルボディー径を拡大することで吸気効率を向上。マフラー内部構造の最適化や排気抵抗の低減などを図るとともに、キャタライザーの配置を最適化し排気ガスの浄化性能を高めるなど、力強い走りと優れた環境性能を高次元で両立させています。

 

快適で上質な走りを提供する車体・足まわり

  • フレームを新設計とすることで、剛性バランスを保ちながらフレームボディー単体での軽量化を実現。軽快なハンドリングや取り回しのしやすさをより進化させた車体パッケージングとしています。
  • ラバーマウント構造のハンドルホルダーを採用し、車体からライダーの手に伝わる不快な振動を軽減。心地良いライディングに寄与しています。
  • ホイールを新設計しタイヤのワイドサイズ化を図るとともに、リアアクスルトラベルを伸長させることで、軽快なハンドリングと快適な乗り心地に寄与しています。
  • 前後の制動装置にディスクブレーキを採用。さらに、フロントのみ作動する1チャンネルABSを標準装備しています。

 

充実の先進装備と、日常での利便性を追求した各種機能

  • ホンダ・セレクタブル・トルクコントロール(HSTC)を新たに採用。前後輪の車輪速センサーとスロットルポジションセンサーからの信号をもとに、燃料噴射量制御を行うことでエンジントルクを制御し後輪のスリップを抑制します。
  • USBソケットをフロントインナーボックス内に新たに標準装備。スマートフォンなどの携帯端末の充電などを行えるようにし、利便性をより高めています。
  • ラゲッジボックスの容量は、PCX/PCX160は30L、PCX e:HEVは24Lに拡大。積載性を高め、利便性をより向上させています。
  • ホンダ・スマートキーシステムを採用。スマートキーを携帯して車両に接近することで、スマートキー自体を取り出すことなく、メインスイッチノブの解施錠が可能です。
  • 別売りの純正アクセサリーに「トップボックス35L スマートキーシステムタイプ」※6を新たに設定。Honda SMART Key システムと連動させることで、より便利にトップボックスの解錠を可能としています。
※6 前モデルのHonda SMART Keyスマートキーシステムには非対応

 

流麗で上質感のあるスタイリングデザイン

  • 水平基調で伸びやかなプロポーションと、シンプルでエレガントな面構成に、ダイナミックな流れを感じさせるエッジラインを合わせたデザインとすることで、PCX の先進性と上質感をより強調した外観に一新しています。
  • PCX/PCX160のカラーバリエーションは、上質な装いを表現した「キャンディラスターレッド」。精悍で落ち着きある印象の「ポセイドンブラックメタリック」。クリーンで上品な印象の「パールジャスミンホワイト」。金属感からくる力強い印象の「マットディムグレーメタリック」の4色を設定したほか、PCXにはさらに、フレッシュで若々しい印象の「マットコスモシルバーメタリック」を設定。PCX e:HEVは、ホワイトとブルーのコンビネーションで先進的なイメージを表現した「パールジャスミンホワイト」1色の設定としています。

 

PCX e:HEV専用の主な特徴

PCXの車体パッケージングにおさまる効率的でコンパクトなe:HEVシステム

  • 新設計のエンジンeSP+に、高出力型リチウムイオンバッテリーをエネルギー源としたモーターアシストを組み合わせることで、機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を、静粛性などの上質感を保ちながら実現しています。
  • 走行状況やライダーの好みに合わせて、快適な走行と適度なアシストを両立した「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」の、2つのモーターアシスト特性の切り替えを可能とし、走行シーンに合わせた“走る楽しさ”を提供します。
  • ヘッドライトのシグネチャーランプ裏側のブラケットと、テールランプ点灯部のインナーレンズをブルーとしたほか、ブラックとブルーのツートーンカラーとしたシートや、e:HEV専用のエンブレムの採用など、先進性と上質感をさらに高めるアクセントを車体各部に施しています。

 

PCX/PCX160/PCX e:HEV主要諸元

全長×全幅×全高:1,935×740×1,105mm
最低地上高:135mm
シート高:764mm
最小回転半径:1.9m
車両重量:【PCX/PCX160】132kg【PCX e:HEV】136kg
エンジン型式:水冷4ストロークOHC単気筒
総排気量:【PCX/PCX e:HEV】124cc【PCX160】156cc
最高出力:【PCX/PCX e:HEV】12.5ps/8,750rpm【PCX160】15.8ps/8,500rpm
最大トルク:【PCX/PCX e:HEV】12N・m/6,500rpm【PCX160】15N・m/6,500rpm
変速機:オートマ
燃料タンク容量:8.1L
タイヤサイズ:前 110/70-14M/C 50P/ 後 130/70-13M/C 63P
価格:【PCX】35万7,500円(税込)【PCX160】40万7,000円(税込)【PCX e:HEV】44万8,800円(税込)
発売日:2021年1月28日(木)

本田技研工業株式会社

公式サイト

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!