帆高と夏美のドタバタが目に浮かぶ。「天気の子」ver.のホンダ スーパーカブ50/110が受注期間限定で発売

ホンダが、2019年7月に公開された、新海誠監督のアニメーション映画「天気の子」の劇中に登場するスーパーカブのカラーリングを再現したスーパーカブ50「天気の子」ver.、スーパーカブ110「天気の子」ver.を、全国のホンダGO BIKE RENTAL加盟店より2020年7月23日(木)から販売開始。受注期間は2020年7月7日(火)から2020年10月31日(土)までとなっています。

映画のイメージをそのままにパッケージ化

スーパーカブ110「天気の子」ver.

スーパーカブ50「天気の子」ver.とスーパーカブ110「天気の子」ver.の車体色には、「天気の子」製作委員会監修のもと、劇中のカラーリングを忠実に再現した「サマーピンク」を採用。ブラウンのシートと合わせ特別な仕様としています。また、「天気の子」ver.専用ステッカー※1をレッグシールド内側上部に配置し、より特別感を演出しています。

映画「天気の子」は、観客動員数1,000万人、興行収入140億円を突破し、2019年公開映画No.1の大ヒットした話題作※2です。劇中には、はつらつとしたキャラクターの夏美(なつみ)が、主人公の森嶋帆高(もりしま ほだか)を乗せ、街中を駆け巡ったピンクのスーパーカブが登場。このスーパーカブをモチーフに再現した特別展示用の車両が、同年9月に東京から開始された「天気の子」展のフォトスポットに登場し、多くのユーザーを通じて話題となりました。

ホンダは、この特別展示用の車両と同様の仕様としたスーパーカブ110「天気の子」ver.を、2020年4月にサービスを開始したホンダGO BIKE RENTAL※3でレンタル車両として用意し、若年層を中心に好評となっていることから、今回販売に踏み切りました。

※1専用ステッカーは非売品(車両に貼り付けした状態での販売)
※2観客動員数、興行収入、2019年公開映画No.1の出典元 「天気の子」製作委員会
※3ホンダが取り組む二輪車市場 活性化施策の一環

 

 

スーパーカブ50「天気の子」ver.
販売計画台数(国内・年間):500台
メーカー希望小売価格:26万9,500円(税込)

スーパーカブ110「天気の子」ver.
販売計画台数(国内・年間):1,500台
メーカー希望小売価格:31万3,500円(税込)

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれない

 

主要諸元

通称名:スーパーカブ50 スーパーカブ110
車名・型式:ホンダ・2BH-AA09 ホンダ・2BJ-JA44
全長×全幅×全高(mm):1,860×695×1,040
軸距(mm):1,210 1,205
最低地上高(mm)★:135
シート高(mm)★:735
車両重量(kg):96 99
乗車定員(人):1 2
最小回転半径(m):1.9
エンジン型式・種類:AA04E・空冷 4ストローク OHC 単気筒 JA10E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量(cm3):49 109
内径×行程(mm):37.8×44.0 50.0×55.6
圧縮比★:10.0 9.0
最高出力(kW[PS]/rpm):2.7[3.7]/7,500 5.9[8.0]/7,500
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):3.8[0.39]/5,500 8.5[0.87]/5,500
燃料消費率※4(km/L):国土交通省届出値
定地燃費値※5(km/h):105.0(30)
<1名乗車時>62.0(60)
<2名乗車時>
WMTCモード値★:
(クラス)※6 69.4(クラス1)
<1名乗車時> 67.0(クラス1)
<1名乗車時>
燃料供給装置形式:電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式★:セルフ式(キック式併設)
点火装置形式★:フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式★:圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L):4.3
クラッチ形式★:湿式多板ダイヤフラムスプリング式
変速機形式:常時噛合式4段リターン※7
変速比:

1速 3.181 2.615
2速 1.705 1.555
3速 1.190 1.136
4速 0.916 0.916
減速比(1次★/2次):4.058/3.538 4.058/2.500
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★:26°30´/72 26°30´/73
タイヤ:

前 60/100-17M/C 33P 70/90-17M/C 38P
後 60/100-17M/C 33P 80/90-17M/C 44P
ブレーキ形式前/後:機械式リーディング・トレーリング
懸架方式:

前 テレスコピック式
後 スイングアーム式
フレーム形式:バックボーン
※4燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※5定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率
※6WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます
※7走行中はリターン式で、停車時のみロータリー式になるチェンジ機構
本田技研工業株式会社

公式サイト

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!