レトロモダンな魅力満載。カワサキ Z900RS/Z900RS CAFEに新グラフィック追加

株式会社カワサキモータースジャパンが、クラシカルな雰囲気のスタイルに現代のクラフトマンシップを融合した、レトロスポーツZ900RSシリーズに新グラフィックを追加。「Z900RS」を2020年11月1日(日)、「Z900RS CAFE」を2020年12月1日(火)に発売いたします。
カワサキ Z900RS CAFE

名車Z1譲りのスタイリング「Z900RS」

カワサキ Z900RS

レトロスポーツZ900RS。クラシカルな雰囲気のスタイルに現代のクラフトマンシップを融合しています。また、始動した瞬間から気持ちが昂ぶるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。

外観はシンプルで洗練されたデザインを追及。Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやテールカウルをはじめ、ホイール、ボルト類に至るまで、随所にこだわりが盛り込まれています。

 

エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載。低中回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で両立しています。エンジンカバーはすべてアルミダイキャスト製で上質な外観。特有の光沢を放ち美しさを際立たせます。

また、サスペンションには倒立フロントフォークとホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを装備。高いスポーツ性と快適性を獲得しています。さらにライダーサポート技術、カワサキ・トラクション・コントロールやマルチファンクション液晶パネル、LEDヘッドライトなど先進のテクノロジーや高性能な装備を多数採用。ストリートを悠然と走るだけでも楽しく、ツーリングやスポーツ走行など、様々なシーンでそのレトロモダンな魅力を十分に体感できます。

Z900RS カラーバリエーション

カワサキ Z900RS

エボニー ( New )

カワサキ Z900RS

 

 

カワサキ Z900RS

キャンディトーングリーン ( 継続 )

カワサキ Z900RS カワサキ Z900RS

 

ロケットカウルでカフェレーサーらしく「Z900RS CAFE」

カワサキ Z900RS CAFE

Z900RSと共に高い人気を誇る、カフェレーサースタイルモデルのZ900RS CAFE。始動した瞬間から乗り手を昂ぶらせるエキゾーストサウンド、滑らかに加速するエンジン特性、自然なハンドリングなど、すべてが感性とリンクするライディングフィールを提供します。

外観はよりスポーティな雰囲気を高めたカフェレーサースタイル。フロントカウルやローポジションハンドル、専用シートを装備し、スタンダードモデルとは一味違ったモーターサイクルライフを楽しめます。車体のデザインには専用のカラー&グラフィックを採用。Z1からインスピレーションを受けたティアドロップフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまで随所にこだわりが盛り込まれています。

 

エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載。低中回転域でのトルクを重視した特性でパワーと扱いやすさを高い次元で 両立しています。ストリートを悠然と走るだけでも楽しく、ツーリングやスポーツ走行など、様々なシーンでそのレトロモダンな魅力を十分に体感できます。

 

カラーバリエーション

カワサキ Z900RS CAFE

エボニー

カワサキ Z900RS CAFE

 

Z900RS / Z900RS CAFEの主要諸元

全長×全幅×全高:【Z900RS】2,100×865×1,150mm【Z900RS CAFE】2,100×845×1,190mm
最低地上高:130mm
シート高:【Z900RS】800mm【Z900RS CAFE】820mm
車両重量:【Z900RS】215kg【Z900RS CAFE】217kg
エンジン型式:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ
総排気量:948cc
最高出力:111ps/8,500rpm
最大トルク:98N・m/6,500rpm
変速機:6速マニュアル
燃料タンク容量:4.2L
タイヤサイズ:前 120/70ZR17M/C(58W)/ 後 180/55ZR17M/C(73W)
価格:【Z900RS】135万3,000円(税込)【Z900RS CAFE】138万6,000円(税込)
発売日: 【Z900RS】2020年11月1日(日)【Z900RS CAFE】2020年12月1日(火)

 

株式会社カワサキモータースジャパン

公式サイト

forRide編集部

forRide編集部

バイクをサクッと楽しむショートニュースメディアを発信する「フォーライド編集部」です。 これから乗ろうと思っている人や初心者〜中級者くらいまでの人を大切に、乗り物のある生活や楽しみ方を提案し続けます!