#ピアッジオ

1884年にリナールド・ピアッジオにより船舶用パーツメーカーとして設立された。イタリアのポンテデーラに本社を置き、現在オートバイのブランドを7つ保有しているヨーロッパで最大手、世界第4位のメーカーである。船舶用パーツから鉄道車両から航空機など事業を拡大し、戦時には航空機やそのエンジンを多数製造した。戦後の1946年にスクーターの代名詞とも言えるベスパの生産を開始。現在もベスパブランドを生産し、その他ピアッジオブランドのスクーターやモペッド、マイクロカーを生産している。