#BMWモトラッド

ドイツ・ミュンヘンを拠点とし、元々は航空機のエンジンメーカーだったBMWが1923年から御家芸である「水平対向ボクサーエンジン」を載せた「R32」を生産したのがバイクメーカーとしての始まり。実は車よりバイクの方が先に製造を開始している。シャフトドライブや乾式単板クラッチを採用しているモデルが多く、BMWらしい、キャラの立ったラインナップが魅力。また、縦方向のクランクが生み出すジャイロ効果により非常に安定感のある走りが持ち味。テレスコピックフォークやABSを発明したメーカーでもあり、工業大国ドイツの血が色濃く流れている。