#ドゥカティ

1925年にイタリア・ボローニャにてドゥカティ兄弟がコンデンサーなどの電器メーカーとして創業。その後、無線機やカメラなどにも事業を拡大しイタリア有数の企業に成長。1946年から「クッチョロ」というバイクのエンジンのOEM生産を開始し、翌年から本格的にバイク生産に着手。「Lツインエンジン」「デスモ・ドロミック機構」「トレリスフレーム」「乾式クラッチ」など他メーカーとは一線を画す味付けをしたモデルが多く、イタリアンでスポーティーなデザインは深い色気を放つ。レース車両をバックボーンに持つため、少々暴れ馬な印象があるがそこがまた魅力でもある。