マッスルにピックアップにラグジュアリー!歴代の凄いアメ車ベスト7!

かつて、世界中のクルマファンが憧れたアメリカ車。もちろん、今でもGM(ゼネラルモータース社)は世界の販売台数シェアの第3位に入っていますが(2015年実績)、かつてほどみんなが憧れる魅力的なクルマがあまりないのでは?と思われていて残念です。

そんなアメ車の威厳復活の願いをこめて、アメリカの情報サイト「THRILLST」が、歴代のアメ車ベスト7を発表。どんなクルマがランクインしたか、早速ご紹介しましょう。

7位:1967 シボレー「コルベットL88」

やっぱりマッスルカーはランクインしていますね。流線型ボディにリトラクタブルヘッドライトが憧れだった1967年製シボレー「コルベットL88」です。しかも、この「L88」はただの「コルベット」ではありません。なんと、レーシングカー用エンジンを搭載していたのです。

最高出力はメーカー公表値で430馬力。ところが、実際は550馬力は出ていたと言われています。当局に目を付けられないため、ウソをついたようです。ガソリンは103オクタン以上のレース用を使わないと走らないなど、公道ではあまり使い勝手のよくない代物でしたが、最強のコルベットという意味では1番でしょうね。

6位:1991 GMC「サイクロン」

tmg-article_tall

アメリカ人はピックアップ好き。全長が6m近い巨大なフルサイズモデルから小型のスポーツモデルまで、バリエーションも豊富です。中でも、この「サイクロン」は2人乗り小型トラックとは思えないほど速いのです。

なにせ、「カー&ドライバー」というアメリカの自動車雑誌が行ったゼロヨンテストで、フェラーリを破ったのですから! 280馬力のV6エンジンを搭載した、バカッ速スポーツトラックです。

5位:1928-1937 デューセンバーグ「モデルJ」

tl-horizontal_main-4

かつてアメリカにあった高級車メーカーがデューセンバーグです。その「モデルJ」は、高級な仕様なだけでなく、性能もピカイチ。ゼロ発進から加速し時速60マイル(時速約96.5km)の到達時間が6秒、最高速度は時速209km以上をマーク! どこから見てもビンテージカーなのに、そのスタイルからは想像もできないほどの速さを誇っていました。

お値段も破格で、販売当時の価格は3万ドル(約304万円)、現在の価値にすれば40万ドル(約4,055万円)以上はするクルマだったのです。

4位:2017 シボレー「カマロ1LE」

tl-horizontal_main-3

シボレー「カマロ」もアメリカを代表するスポーツカー、というよりマッスルカーです。初代モデルは1967年に発売、2016年にモデルチェンジし6代目が登場しています。

そんな歴代「カマロ」の中で、恐らく最もスゴイのは2017年に出る1LEパッケージ装着車。これは、先代「カマロ」にも設定があった仕様で、足回りやハンドリングを強化するパーツを装着したもの。最新にして最強のカマロはたぶんこの一台だと、期待も込めて予想しています。

3位:1965 シェルビー「マスタングGT350」

tl-horizontal_main-2

アメリカンマッスルカーの代表格が、フォード社が現在も生産している「マスタング」。これはその1965年モデルをベースに、シェルビーがチューニングを施したマシンです。

ちなみに、シェルビーとはレーシングドライバーのキャロル・シェルビーが立ち上げたチューニングメーカー。「GT350」は、当時フォードがマスタングの販促のためにシェルビーに作らせた公道走行可能なレーシングカーだったのです。

しかも、当時このクルマはレンタルも可能でした。「GT350」を借りてレース場へ行き、レースに勝って家に帰るなんてことが手軽にできたという、ウソのようなホントの話。手軽にレンタル、街乗りもOKのレーシングカーということで、ブロンズメダルを獲得です!

2位:1957 キャデラック「エルドラド ブロアム」

tl-horizontal_main-1

かつてキャデラックのクルマと言えば、世界でも有数の高級車でした。なかでも1957年製の「エルドラド ブロアム」は、贅を尽くした本物のラグジュアリーカーだったのです。

乗車定員などで車高を調整するセルフレベリング機構付きサスペンション、パワーウインドウ、パワーステアリングなど、当時の一般車両にはとても高くて付けられない快適装備が満載。極めつけは、グローブボックス内のカクテルキット。まさにロールスロイスも真っ青の豪華仕様だったということで、見事シルバーメダルを獲得!

1位:1981-86 ジープ「CJ-8スクランブラー」

tl-horizontal_main

ジープといえば、本格的なクロスカントリーモデルの「ラングラー」が代表格ですが、かつてこれのピックアップ版があったのです。1981〜1986年に生産された「CJ-8スクランブラー」がそれにあたります。

高いオフロード走破性を持つラングラーの顔に、ベット(荷台)が付いた2人乗りボディを採用。しかも、オープンというアメリカ人やアメリカ車好きにはたまらない、最強の組み合わせだったんです。

ご存じの通り、アメリカではピックアップトラックは大人気車種。各メーカーの主力モデルのひとつになっています。という意味で、このクルマが歴代アメ車のゴールドメダルを見事ゲット!

ちなみに、2017年に「CJ-8スクランブラー」が復活するというウワサもあります。実現すれば…うん欲しい!

参考 – The 7 Best American Cars Ever Built(THRILLIST)

平塚直樹

平塚直樹

バイクやクルマ系雑誌の編集を経て、フリーライターに。最近は、チャリから宇宙ロケットのネタまで幅広く執筆中。愛車は隼。最新テクノロジーと映画、猫好き。