打倒フェラーリとして作られたフォード「GT40」がオークションでもの凄い金額に!

フォード「GT40」というクルマをご存知でしょうか? アメリカのフォードが開発した、スポーツタイプのレーシングカーのことです。今回は、アメリカ発のスーパーカー「GT40」についてご紹介しましょう。

打倒フェラーリのために作られたマシン

1960年代、フォードはモータースポーツの分野で活躍すべく、当時、無敵を誇っていたフェラーリのレーシングチーム、スクーデリア・フェラーリの買収を試みますが、交渉に失敗しました。

そこでフォードはイギリスのローラカーズ社と提携し、ローラ「GT」をベースとし、シャーシ製作にはアビーパネルズ社、ボディ設計にスペシャライズドモールディング社といった具合に、それぞれを依頼し、フェラーリを打倒できるレーシングカーを開発する計画を立てました。これが「GT40」の始まりになります。

「GT40」は通称で正式名称は「GT」!?

1964年、第1号車となる「マーク1」が完成し、フォード「GT」という名前で発表されました。ちなみにフォードでは「GT40」という名前を一度も使っていません。「GT40」とは、車高が40インチ(101.6 cm)ということに驚いた記者が付けた通称が、今に至るまで使われているということです。

アルミ製の4.7リッターV8・OHVをミッドシップに搭載

「マーク1」は、スチール製モノコックシャーシに、軽量のファイバーボディをかぶせた、まさにレーシングカーといった作りとなりました。ベースとなったローラ「GT」のフォルムは受け継いでいますが、全体的に精悍なデザインとなっています。エンジンはインディカー用に開発されていた、アルミ製の4.7リッターV8・OHVをミッドシップに搭載。350psを誇ったエンジンに加え、軽量のボディ、空力性能などと相まって、最高時速330km/hを叩き出しました。

「GT40マーク1」はリタイヤ続きの不名誉な結果に

満を持してデビューを果たした「GT40マーク1」ですが、ニュルブルクリンク1,000km、ル・マン24時間レースと、ラップレコードなどは記録するものの、どちらもリタイヤに終わるという不名誉な結果となりました。

「GT40マーク2」の登場でフェラーリ・イーターの名前を独占

そこで、「マーク1」のシャーシを強化し、エンジンをシェルビー製の7.0Lへ変更した「マーク2」が登場します。結果、1966年のル・マン24時間レースでは、1〜3位を「GT40」が独占するという快挙となりました。打倒フェラーリがなった瞬間ですね。

「GT40マーク4」

続く1967年のル・マンでは、新型シャーシを採用し、出力が530psに強化されたエンジンを搭載した「マーク4」が優勝し、2連覇を達成しました。

しかし、このシリーズ終了後、レギュレーションの大幅な変更に伴い、フォードはワークス活動から撤退することとなります。

「GT40」の伝説はまだ続いた

ワークスが撤退した後も「GT40」の活躍は止まらず、1968年、1969年と続いてル・マン24時間レースの優勝を果たしました。1970年にポルシェ「917」に破られるまで、4連覇を達成することとなったのです。

落札予想価格は325万〜375万ドル!?

そして話は「GT40マーク1」に戻ります。こちらの1966年製GT40マーク1」ですが、見ての通り、完璧にレストアを施されたコンクールコンディションの車両です。こちらが現在、有名なサザビーズオークションに出品される予定となっています。レースで実際に活躍したのは「マーク2」「マーク4」ですが、伝説の始まりとなった「GT40マーク1」も魅力あふれる一台となっていますよね。

ちなみに落札予想価格は325万〜375万ドル(約3億4,000万〜3億9,200万円)とのことです! いやはや、とんでもない金額になっていますが、伝説のクルマですし妥当な金額なのかもしれませんね。

画像 – Flickr : Pittou2PROKatrox – www.kevingoudin.com

センカクダイバー

センカクダイバー

悲運の元パチンコ・パチスロライター。ベスパ歴27年、ミニクーパー歴2年のモッズ系猛禽類。旧車を好むクセに機械イジりや整備はサッパリというご都合主義者。