腰痛持ちにはコレでしょ!タイヤ交換のお助け台「タイヤチェンジスタンド」

かがんだ姿勢での長時間作業…腰痛持ちにはツラいものです。

特にタイヤ交換などでは、腰をやられてしまう人も多いのでは? しかし、そんな辛いタイヤ交換を楽な姿勢で作業可能にする夢のようなアイテムがあるのです!

「タイヤチェンジスタンド」

それがデイトナから発売されている「タイヤチェンジスタンド」です。タイヤ交換に不慣れな方でも、体の負担を減らしながら作業ができる、タイヤ交換サポートツールになります。

手早く分解できるので、使わない時はしまっておけばOKですね。組み立て時も直感的に組み上げられてしまうという優れものです。

「タイヤチェンジスタンド」を使ってタイヤを交換

では、実際に「タイヤチェンジスタンド」を使ってタイヤ交換してみます!

まずは地面が平らで、安定した場所にセットします。

ビードを落としたら、タイヤチェンジスタンドに乗せて…アレ、入らない!?

どうやらシャフトの径が合わなかったようです。しかし、心配ご無用。タイヤチェンジスタンドには2種類の径のシャフトが付属しているので、使用するホイール内径に合わせてカラーとともに差し替えます。

今回は細いシャフト(11パイ〜19パイ未満に適合)を選びます。19パイ以上のホイール内径の場合は太いシャフト(19パイ)で作業すればよいので、多彩なホイールに対応可能です。ホイールセンター25パイ以上の場合は、別途25パイの鉄パイプを用意して本体に差し込めば装着が可能になります。

天板まで約250mmと、メンテナンスチェアに座って作業するのにちょうどいい高さに設定されています。その為、ホイールをクルクルと回転させながらの作業が可能となり、脱着がしやすく、作業性も向上するというワケです。

天板はラバーで保護されていて、ホイールへのダメージを軽減します。

実際に使ってみた感想としては…

「タイヤは意外に重いし、タイヤを回す時は一度持ち上げてからになるので、メンテナンスチェアに座ったままの姿勢でタイヤをクルクルと回せるのはとても楽!全然楽でした!」

「タイヤチェンジスタンド」を使ったタイヤ交換の様子は動画でもご確認できます!

「ビードダウンキーパー」

動画にも出てきましたが、別売りの「ビードダウンキーパー」4個セット(5,000円税抜 / 品番:90322)や「タイヤレバークランプタイプ」(1,300円税抜 / 品番:90324)を使用することで、さらに作業の手間や負担を軽減できますよ。

タイヤチェンジスタンド

価格:税抜1万円(品番:90323)

参考- デイトナ

NANDY小菅

NANDY小菅

各種バイク誌で活躍しているフリーライター。バイクとアニメの探究者で著書に「アニメバイク本」、「ご奉仕大好き! メイド本」など。所有バイクは15台くらい。