乗り物好きなら飲まなきゃ!絶品ビール”FAT TIRE”とは?

最近グルメシーンで注目を集めているクラフトビール、ビールを専門に扱う専門店も増えていますが、皆さんは、「FAT TIRE」というビールをご存知でしょうか。

今回は、乗り物好きなら一度は飲んでおきたい(話のタネとしても!)ビールをご紹介いたします。

アメリカ西海岸側ではすでに有名な”FAT TIRE”とは?

今回紹介する「ファット・タイヤ」は、アメリカのコロラド州フォート・コリンズにあるニュー・ベルギー社が醸造するビールです。

種別でいうと「アンバー・エール」で、大枠でいうと”ペール・エール(IPA)”の仲間です。”モルツ”や”一番搾り”のような、いわゆる日本でビールと呼んでいる「ピルスナー」よりも「ペール・エール」の方が香りが強く、苦くて味が濃いです。アンバー・エールはそのIPAの兄弟のようなもので、より麦風味が強く、香りは控えめなのです。

FAT TIREに話を戻しますが、このビールはコロラド州やアリゾナ州では、すでに結構人気があるのですが、日本でお目にかかることはほぼ無いですね。

ちなみにラベルに「ニュー・ベルギー」とかいてあるのですが、それは会社名であって、あくまでもアメリカ産です。

ビール評論家も高評価の隠れた名作

乗り物好きなら飲まなきゃ!絶品ビール"FAT TIRE"とは?

コロラドで作られるビールは、ロッキー山脈の麓から湧き出るミネラル豊富な水を使用しているため、ノドごしの良いビールが多く、定評があります。

アメリカのビール評論家で世界的に有名なボブ・クライン氏も高評価を与えています。

ちなみにこのラベルに描かれたタンク・バイクがFAT TIREの名前の由来となった自転車です。創業者のジェフ氏がベルギービールに憧れ、この自転車に乗ってベルギー国内の醸造所をまわる旅をした逸話が残っています。(と、歴史があるように書いてますが、ニュー・ベルギー社は1991年創業です…)

日本では本当に見かけないビールですが、アメリカでは(西部)ではとても人気があるビールなので、酒屋さんで見かけた際は即買いして良いビールだと思います。

「うちにFAT TIREあるから飲みに来る?」と誘えば、聞き返されること必須ですね!

参考 – Flickr : shiokumaTyler Fazakerley

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!