カワサキのストリートファイターモデル「Z250SL」遂に国内販売開始!

カワサキは、軽量、スリム、コンパクトが魅力の250ccスーパーネイキッドモデル、「Z250SL」を、本日2016年3月15日(火)より発売開始した。

Ninja 250SLよりもさらに軽やかなネイキッドモデル

「Z250SL」はZシリーズの持つエキサイティングなストリートファイター・コンセプトを踏襲し、「Ninja 250SL」と同じく水冷4ストローク単気筒 DOHC4バルブエンジンを搭載した、言わば「Ninja 250SL」のネイキッド版的な存在だ。

フルカウルであるNinja 250SLよりも外装面でスッキリしているため、よりカジュアル感覚で気軽に乗れるシティ・コミューターとして、人気を博すこと間違い無しのモデルといえよう。

戦闘的なスタイルがその気にさせてくれる!

キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラック(BLU)

キャンディライムグリーン×メタリックスパークブラック(GRN)

「Z250SL」は2014年に国外向けとして、すでにデビューを果たし、東南アジアなどで人気を博した実績のあるモデルである。オプションパーツも数多く存在するなど、最高のストリートファイターとして、今後の動きに期待が持てる一台だ。

スタイリッシュなトレリスフレームに搭載されるのは、Ninja 250SLと同様の低中速回転域から高速回転域までよく回るハイスペックなエンジン。 精悍な顔つきを演出するヘッドライトや、戦闘的なスタイリングの要である跳ね上がったテールなど、アグレッシブなデザインに仕上がっている。

カラー 展開は、キャンディプラズマブルー×メタリックスパークブラックとキャンディライムグリーン×メタリックスパークブラックの2色となっている。

Z250SLのスペック

全長×全幅×全高:1,935×700×1,015mm

軸間距離:1,330mm

最低地上高:180mm

シート高:785mm

エンジン種類/弁方式: 水冷4ストローク単気筒 DOHC4バルブ

総排気量:249cc

最高出力:21kW(29PS)/ 9,700rpm

最大トルク:22N・m(2.2kgf・m)/ 8,200rpm

トランスミッション形式:常噛6段リターン

タイヤサイズ: F-100/80-17M/C 52S、R-130/70-17M/C 62S

ブレーキ形式:F&R-シングルディスク

車両重量: 148kg

燃料タンク容量: 11L

なおNinja 250SLよりも2万1,600円安い、43万7,400円(税込)という良心的な価格設定も魅力!

こういった気軽に買えて気軽に乗れるモデルが一台でも増えてくれるのは、バイク業界にとっても非常に良い兆しなのではないだろうか。

参考 – カワサキ

K.Y

K.Y

スーパーカーやバイクなどの乗り物と音楽と洋服が好きなガテン系中年ライター。どんなものでも中身はハイテク外見はローテクが理想のカタチである。