バイクの形をしたアート!ベトナムの匠技が生み出したBandit9「AVA」

先にご紹介したホンダ・タイランドの4ミニコンセプトモデルからもお分かりいただけるように、東南アジアの4ミニカスタム熱は凄いことになっているようです。今日は匠の技を持つベトナムのコンストラクターが制作した、4ミニカスタムをお届けしましょう。

ベトナムの首都ホーチミンを本拠地とする「Bandit9」が製作した「AVA」。1967年式ホンダ「125 Super Sport」をベースにしたコンプリート車です。1960年代後半のホンダの小排気量車といえばバックボーン・フレーム。今となっては個性的と言える、そのフレームを生かしています。

ほとんど全てのパーツが「Bandit9」オリジナルに変更

s_2

s_6

s_7

ただしベース車両はフレームの一部に原形を残すのみ。ほとんど全てのパーツが「Bandit9」オリジナルに変更されています。ガソリンタンクからシートベースに至る美しいボディーワークこそが、この車両最大の注目点。素材はステンレス・スチールです。このボディーワーク、一枚物のステンレス・スチールを手で叩き出したのだと言います。局面と直線が入り混じるこの美しい形状は、機械では生み出せないのです。先端部に”X”の文字が浮かび上がる印象的なロケットカウルも、同じくステンレス製です。

一枚物のステンレス・スチールを手で叩き出した気品あふれる外装

s_3

フロントフォークも同社オリジナルのカスタムメイド。縦2灯のフロントライトは、ロケットカウルの美しさを優先した結果、フロントフォーク横に設置しています。排気系ももちろん同社オリジナルのステンレス製です。

今までに見たことがないコンプリート車

s_8

製作者であり「Bandit9」を主宰する”Daryl Villanueva”さんは、

私は何にも似ていないユニークな車両を作りたかった。この「AVA」は現代のベトナムから生まれたコンプリート車ですが、制作にあたっては過去から学び、そして未来を見つめました

と言います。こんなアツい気持ちを持っていたからこそ、1967年式のホンダが、今まで見たことがないコンプリート車に生まれ変わらせることができたに違いありません。

ちなみにこの「AVA」はコンプリート車として9台の製造。2016年4月現在も販売中で、車両の本体価格は1万950ドル、日本円にすると約120万円です。既にアメリカ・ヨーロッパをはじめアジアから受注しており、残りは僅かだそうです。過去に製造したコンプリート車も多くが完売になっていますので、気になる方は「Bandit9」のウェブサイトからお問い合わせくださいね。

参考 – Bandit9

Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。