普通二輪免許で乗れるBMW「G310 R」のバリエーションはアドベンチャーモデルの「GS」!?

普通二輪免許で乗れるBMWとして注目されている「G310 R」ですが、その販売開始前に、早くもバリエーションモデルが発表されましたので、ご紹介いたします。

その名も「G310 GS」

こちらが今回ご紹介する「G310 GS」。エントリーモデルと呼ぶには贅沢なネイキッドモデルをベースに、BMWモトラッドのラインアップの中でも、非常に人気のある「GS」スタイルに仕上げてきました!

そもそも「GS」シリーズとは、ザックリと表現するとアドベンチャーモデルになります。

シリーズ最大の「R1200 GS」ならば世界の果てまでも、「F800 GS」は少しスポーティに、と排気量ごとにキャラクターを変えながらもオン・オフを楽しめるシリーズです。

このシリーズ最小モデルとなる「G310 GS」も、シリーズ共通イメージの外装を与えられた正真正銘のアドベンチャーモデルです。

エンジンは「G310 R」と共通の、総排気量313cc、水冷単気筒DOHC4バルブ。最高出力は25kW(34hp)を9,500rpmで発揮します。

「G310 R」からの主な変更点は、フロントホイールの19インチ化(G310Rは17インチ)とサスペンションの設定変更があげられます。これにより「GS」シリーズ共通のアップライトなポジションを確保しています。

車両重量は 169.5kg。軽量とは言えませんが、実用上は問題ないでしょう。

G310 Rとの比較

コチラが年内に販売開始が予定されているベースモデル「G310 R」。前後17インチホイールであり、見た目にも確かにコチラの方がより小柄な感じがします。

ホイールベースはG310 Rが1,374mmに対しG310 GSが1,420mmと46mm長く、シート高もG310 Rが785mmに対しG310 GSが835mmと50mm高くなっています。車両重量はG310 Rが158kgに対しG310 GSが169.5kgと11.5kg重いです。

G310 GSのカラーラインアップ

カラーラインアップは、ここまで掲載してきたパールホワイトメタリックの他にも、こちらのブラックや、

上記のレッドと、3カラーが用意されています。

G310 GS の発売日は?

さて、気になる発売日や価格ですが…残念ながら今のところ発表されていません。

今回は、ベースモデルがあるのですから、恐らくきっと、来年の早いうちに……と期待したいところです。BMWモトラッドさん、期待してます!

G310 GS のスペック

  • 全長×全幅:2,075×880mm
  • ホイールベース:1,420mm
  • シート高:835mm
  • 車両重量:169.5kg
  • エンジン種類 / 弁方式:水冷4ストローク単気筒 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:313cc
  • 内径×行程: 80.0×62.1mm
  • 圧縮比: 10.6
  • 最高出力:25kW / 9,500rpm
  • 最大トルク:28Nm / 7,500rpm

参考 –  BMW Motorrad International
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。