コレはバーゲンプライス!カフェレーサーBMW「R nineT Racer」の国内仕様はお買い得!

昨秋のインターモトで発表され凄まじい反響を得たBMW「R nineT Racer」。「R nineT」をベースにした、メーカー製カフェレーサーです。

国内販売も決定的ではありましたが、遂にその価格と発売日が発表されました!

BMW「R nineT Racer」

続報!BMWのカフェレーサー「R nineT Racer」のディテールが判明!

当サイトでも度々ご紹介してきた注目のモデル「R nineT Racer」。これまではインターモトで発表された情報+αでしたが、遂にBMW Motorrad Japanにより、日本仕様の詳細が明らかにされました。

初期スーパーバイク時代の「レースマシン」に重なる「R nineT Racer」。カフェレーサーと呼ぶに相応しいハーフフェアリングに、魅力的な塗装が施されたスチールタンクを採用しています。

低めに設定されたハンドルバー、レーシングシート、アルミキャストホイール、スポーティなフレームとサスペンション、前傾ポジションなどを特徴としています。

「R nineT」シリーズでは初めて、安定した走行をサポートするASC(オートマチック・スタビリィ・コトロール)を標準装備しています。

R nineT Racerのディテール

BMW Motorrad Japan が公開した画像が海外仕様と同じでしたので、基本は海外仕様と何ら変わらないのですが、念のためにディテールをささっと復習しておきましょう。

本モデルを印象付けるポイントとなるのが、古き良き時代を彷彿とさせるハーフフェアリング。ガソリンタンクの容量は17L(海外仕様)です。

「Racer」の名に相応しく、セパレートハンドルを装備しています。低過ぎないのが良い感じです。

メーターは、タコ&スピードの二眼とされており、少し前にご紹介した上質なネイキッドに進化した「R nineT」と同仕様とされています。

低過ぎないとは言えセパレートハンドルを装備する「R nineT Racer」。それに見合うポジションを確保すべく、これまた後ろ過ぎないバックステップを装備しています。

そして、このカッチョいいシングルシートカウルは、工具なしで簡単に取り外すことが出来ます。

シートそのものは、このように幅広。そして肉厚も充分確保されているようですので、伝統のボクサーエンジンをカフェレーサースタイルで楽しみたい、という方にとっては、非常に魅力的なモデルのはずです。

発売日、そして価格は?

発売日は2017年4月14日に設定されています。そして気になる車両本体価格(消費税込み)ですが……183万円。BMW Motorrad Japanさん、大変良く出来ました!

足周りがアップロードを受けた「R nineT」が198万5,000円であることを考えると、これはバーゲンプライスと言い切れましょう!

BMW「R nineT Racer」のスペック

残念ながら日本仕様のスペック表は公開されていませんので、復習的に海外仕様のスペックを掲載しておきます。

  • 全長×全幅×全高:2,105×920× – mm
  • ホイールベース:1,491mm
  • シート高:805mm
  • 車両重量:220kg
  • エンジン種類 / 弁方式:空冷4ストローク2気筒水平対向 / DOHC4バルブ
  • 総排気量:1,169cc
  • 内径×行程:101.0×73.0mm
  • 圧縮比:12.0
  • 最高出力:81kW (110ps) / 7,550rpm
  • 最大トルク:116Nm / 6,000rpm

参考-BMW Motorrad Japan
Reggy

Reggy

オートバイ系雑誌・書籍編集をする傍ら、自転車輸入販売業として起業。得意ジャンルは自転車(子ども車・子ども乗せ・クロスバイク)・オートバイ・自動車・アウトドア。