初心者でもスイスイ!BMW「R NINE T」に乗ってみた!

2013年のミラノショーで発表されてから、日本のトップビルダー達ともカスタムプロジェクトで、大いに注目を集めたBMW「R NINE T(アールナインティー)」。BMW伝統のボクサー(水平対向)エンジンを搭載し、本来モーターサイクルが持つ”走ることの楽しさ”をとことん追求したヘリテイジモデルです。

ということで、R NINE Tの試乗体験を、初心者でもわかりやすいようにレポートします!

スリムでコンパクトなボクサー

まず特筆すべきは、そのコンパクトな車体。1,169ccボクサーツインエンジンを搭載しているにもかかわらず、極限まで無駄を削ぎ落としたミニマルなデザイン、どことなく漂うレトロなカフェレーサー感が非常に現代的です。

また、通常は左側に駆動、右側にサイレンサーが一般的ですが、R NINE Tはドライブシャフトが右側、サイレンサーが左側と、逆に配置されています。

身長180cmの筆者が跨ってみると、このような感じ。足つき性も良く、ハンドルが遠い印象もありません。小柄な女性でも安心して乗れそうな、かなり日本人向けのモデルといえます。

こちらがライダースビュー。中央に計器類がまとめられており、左が速度計、右が回転計です。中央の液晶パネルにはギアポジションや、外気温、走行距離、時計などが表示されます。

また、ハンドルの位置も広すぎないので、リラックスしたポジションです。

車高自体は決して低いわけではないのですが、とても足つき性が良いのは、このスリムなシート幅が貢献しているようです! 初心者でも安心して乗れるよう、設計に抜かりなし!ですね。

ボクサーエンジンは、昔からとても張り出しているのが特徴なのですが、初めて見る方からしたら、ちょっとびっくりするかもしれません。しかし、ハンドルよりも張り出してはいないため、慣れてしまえば全然気になりませんよ。

ぽっかりと口を開けたエアインテーク(空気を取り入れる入り口)。こちらに関しては、雨や虫、ほこりが入ってしまうので、検討の余地があるかもしれません。ちなみに、エアインテークメッシュなどのパーツが社外製で発売されています。

純正オプションとなる、アクラポビッチのスポーツマフラー。純正マフラーでは少々物足りない排気音が、歯切れの良いボクサーエンジン本来のサウンドを響かせてくれます。

サウンドチェック

絞りあげたコンパクトなボクサーでありながら、細部にまで作り込まれた、実に完成度の高い車両です。水冷ではなく、あえて空油冷をチョイスしているという点も頷けます。というわけで車体の小さいR NINE Tは、ロングツーリングに出かける車両というより、シティーユースとして街乗りに適しています。

価格は192万5,000円とやや高めですが、買う価値は大いにあります!

R NINE Tの評価

ツーリング度:★★★☆☆

街乗り度:★★★★★

初心者度:★★★★★

所有欲:★★★★☆

とても人懐っこい車両で、一度試乗したら虜になってしまう方も多いのではないでしょうか。BMWモトラッドといえば、1200GSなどのアドベンチャーモデルが注目されがちですが、ヘリテイジモデル「R NINE T」も全然負けてない! いや、むしろ筆者個人的には同社のライアンアップの中でナンバー1です!

参考 – BMWモトラッド

協賛 – ALPHA INDUSTRIES:COTTON M-65 / 1万9,224円(税込)

協賛 – 72JAM:JP MONO HELMET(BLACK HAWK)/ 1万260円(税込)

forRide編集部

forRide編集部

乗り物(Ride)を軸としたライフスタイル提案型の情報を発信する「フォーライド編集部」です。 乗り物のある生活、楽しみ方を提案し続けます!